1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レアルに続きバルセロナからゴール。柴崎岳が各地から称賛の声があがっている。

ビッククラブ相手にここまでの結果が出せるのが凄いです。

更新日: 2017年09月19日

14 お気に入り 20121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

16日のバルセロナ戦に先制ゴールを決めた柴崎岳

16日、リーガ・エスパニョーラ第4節ヘタフェvsバルセロナの一戦で、MF柴崎岳が左足のダイレクトボレーで先制ゴールを記録。

2トップの右で先発し、0-0の前半39分に左足で先制点となるボレーシュートを決めた。

リーグ戦でバルセロナから得点した日本人は昨季最終節で2得点したエイバルFW乾貴士(29)に続いて2人目。

バルセロナ側の公式ツイッターは大荒れ。「何てゴラッソだ」と柴崎のゴールを称賛する声が上がった。

このゴールにバルセロナGKテア・シュテーゲンからは賞賛の声

ゴールを決められたGKテア・シュテーゲンが「ガクを祝福しないとね。すごいゴールを叩き込んだのだから」と賞賛の声を上げるほど、すばらしいものだった。

昨年のクラブW杯決勝レアル・マドリード戦に続くバルセロナからのゴールは、大きなインパクトを与えるものであり、柴崎という選手のビッグゲームでの強さとそのタレント性を、あらためてスペインだけでなく世界に知らしめるものとなった。

イタリアメディアからも称賛する声が上がっている

『ユーロスポーツ』はFWリオネル・メッシらバルセロナの名だたるメンバーを抑え、39分に鮮烈な左足ボレーでバルセロナGKアンドレ・テア・シュテーゲンを破った柴崎をMVPに選出。

ヘタフェは1-2で敗れたものの、「日本人選手シバサキが記録した驚くべきゴールのおかげで、少なくとも前半の間、番狂わせをも夢見た」と紹介。

「ペナルティエリア付近でボールが落下するのを待つと、ゴール隅に叩き込んだ。ゴラッソだ」と称えた。

地元スペイン紙アスでも称賛を浴びている

その4つの称号は、MVPの「エル・クラック(名手)」、悲惨な目にあった選手に与える「バジャ・ディア(何て日だ)!」、厳しいプレーを見せた選手に与える「エル・ドゥロ(厳しい、激しい、非情)」、そしてMVPではないが際立っていた選手に与える「エル・ダンディー」。

この試合の「エル・ダンディー」には柴崎が選出されており、その理由として次のように記されている。

「クラブ・ワールドカップでマドリー相手に得点した日本人が、センセーショナルがゴラッソ決めた。ここにはフットボーラーがいる」

このニュースはネットでも話題になっています

柴崎岳がレアルやバルサ相手に決めたゴールは、中田英寿がユベントスにゴールを決めまくった以来の衝撃。 まじ、震えた.....ハンパない。

柴崎岳がバルセロナ相手にスーパーゴール! ヘタフェ×バルセロナ 2017年9月16日【サッカー/リーガ】 見事やんか youtube.com/watch?v=8MTEl5…

柴崎岳のゴール今更見たけどめちゃくちゃえぐいの決めてんな

ネット上でも称賛の声が多くあがっています

レアルとバルサから点を決めた唯一の日本人 柴崎岳、素晴らしいゴールだった twitter.com/LaLiga/status/…

1 2