1. まとめトップ

江ノ島行きジェットコースター? 湘南モノレールに乗ってみよう

大船から10分ちょっとの短い区間ですが、スリル満点、突っ込みどころ満載の楽しい路線なのです!

更新日: 2017年09月20日

2 お気に入り 6146 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

colo_zeryさん

湘南の観光地江ノ島に行くには

新宿から片瀬江ノ島駅まで、特急ロマンスカーに乗ってで一時間強で着きます。

それ以外にも

湘南モノレールは、宙にぶら下がっている懸垂式モノレールとなっていて、見ているだけでスリル満点です。

湘南モノレールに乗ってまた江の島に来ちゃった笑 それにモノレール初なんだよね俺乗車するの!結構揺れるわ ( ゚ロ゚)!!落下とかしないかヒヤッとするわ pic.twitter.com/8TLU339Te8

勿論落ちませんけれども

始発は、何かと便利な大船駅です。

湘南モノレールって1度は乗ってみたいと思うのだけれど、江ノ島から大船間て本当に用がないんだよな~ それに、ほとんどあの辺は車で移動しちゃうし pic.twitter.com/MWItuNmnbp

JRの大船駅から江ノ島までを結びます。

結構アップダウンのあるコース…ではなくて路線です。

最高速度75km/h、まるでジェットコースター!
激しいアップダウンに、トンネル・カーブ・急勾配…アトラクション満載のコースをお楽しみいただけます。
この大胆な走りの理由は、懸垂式にあり。
もともとぶら下がっているため、いくら振り回されても落ちることはありません。
懸垂式モノレールは、日本にただ2つだけ。貴重な体験をお約束します!

湘南モノレールHPからの引用なのですが…自分でジェットコースターと言うのも「揺れます」と宣言しているような気もするのですが…楽しいから良しとしましょう。

「コース」と言う言葉はどうかなと思ったのですが、湘南モノレールさん、自ら言っていましたね。

早いし、トンネルは抜けるし、アップダウンはあるし、森を抜けたり、本当にジェットコースターみたいな感じ。
揺れるのは手ブレだけの問題ではなくて、右側の下がっている鞄にも注目してみてください。

なんと、首都圏では(今時)珍しくSuica、PASMO等は使えません。

関東では交通系ICカードの入場で、初乗り運賃に満たないと自動改札で弾かれるというものが話題となっていますが、それでは「ICカードで乗ろうとすると、いくら残高があろうが必ず弾かれる」自動改札をご紹介します #湘南モノレール pic.twitter.com/cEmqOOMdzy

大船駅はそれでもまだ自動改札なのですが

富士見町駅・湘南深沢駅・片瀬山駅・目白山下駅は、改札がない無人駅ですので、モノレールを降りたら、ホーム上にいる車掌に切符を手渡ししてください。

どこのローカル線だよ…と言いたくなった。

レトロな雰囲気のホーム標識も良いですね

ネタ多い湘南モノレールですが、自らもそれを自虐…ではなくてうりにするたくましい会社でもあります。

↑これ、湘南モノレール公式動画なのですが、自らジェットコースターって言っています。

こちらは外国人向けの動画ですね。キーワードは「Sky trip」
もちろん、鎌倉、江ノ島って国際的観光地も控えており、魅力的な路線です。

一日フリーきっぷは600円(2017年9月現在) 一往復すれば元取れます。

終点まで往復したので、ちょっとお得な1日フリーきっぷを利用しました きっぷが出てきたけど…ちょっとギリギリすぎないかい?! なんとか取ろうとしていたら「ぴょん!」と飛び出してきて驚きました(笑) #湘南モノレール #乗り鉄 pic.twitter.com/WKYm72wNxl

Enjoy 空中散歩 だそうです。

「JR藤沢駅、大船駅、北鎌倉駅、鎌倉駅」の自動券売機、
指定席券売機、みどりの窓口およびびゅうプラザにてお買い求めください。

との事で、湘南モノレールの券売機では売っていないということか。

共通フリーきっぷで特典を受けられるのかは…わかりませんでした。

江ノ島観光で、ロマンスカーでの快適な移動も、江ノ電のレトロな雰囲気も良いですが、色々味わい深い湘南モノレールを一度使ってみるのも楽しいと思いますよ!

小田急で来るならば、片瀬江ノ島まで行かないで藤沢で降りて、フリーきっぷを買って江ノ電で江ノ島に移動、江ノ島から大船へモノレールで行って、JRで鎌倉に行って鎌倉も観光…とかも良いですよね。

1