1. まとめトップ

睡眠の質が肌の保湿を変える!快眠するための7つコツ

最近肌の調子が悪い。肌のスキンケアは欠かさずしているのにイマイチ肌の調子が良くならない。そう感じている人は、睡眠の質が悪いのかもしれません。肌のコンディションは日頃の睡眠が深く関係しています。コチラの記事ではお肌の調子を取り戻すためにおすすな快眠するための7つのコツを紹介しています。

更新日: 2017年09月19日

milly274さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1120 view
お気に入り追加

睡眠の質が肌の保湿を変えるのか?

睡眠不足のときは肌の調子がイマイチと思うときはありませんか?

睡眠と肌の保湿には深い関係性があるみたいです。そこで今回は、お肌が水々しくなるために快眠する7つの方法を紹介していきます。

肌は基底層で作られ、肌の表面に押し上げられながら、約2週間で角質層まで達するのです。その後肌の垢として剥がれ落ちるまで約2週間ほど掛かります。

この一連のサイクルがターンオーバーと呼ばれ、約4週間のサイクルが正常であると言われています。ちまみに40代を過ぎると約6週間になり、加齢によっては、ターンオーバーのサイクルは徐々に延びていきます。

このターンオーバーですが、最も活発に行われているのが睡眠をしているときなのです。

睡眠をしているときが1番肌が成長している時間帯なのですね。

快眠のコツ1:室内環境を整える

室温:夏は26〜28℃、冬は18〜23℃程度が快眠に適切な室温です。就寝前後の1〜2時間はこの室温になるように調整しましょう。
湿度:快眠に適切な湿度は50%前後です。クーラーの除湿モードなどを利用し、50%前後の湿度を維持できるように調整しましょう。
音:睡眠中も耳からの刺激が脳に刺激を与え、深い睡眠を邪魔してしまうことがあります。パートナーのいびきや外から騒音がある場合は、しっかりとカーテンや耳栓などで対策をしましょう。

室内海峡を整えるは非常に重要ですよね。

快眠のコツ2:寝る前にカフェインを飲まない

快眠のコツ3:寝る1時間前は、照明を暗くする

夜メラトニンが分泌されると眠くなり、このメラトニンの分泌が部屋の明るさと大いに関係があるのです。

朝起きると人は、目から光が入り体内時計がリセットされます。

そして、昼間の人が活動するときには眠くならないようにメラトニンが抑制されています。

そして夕方から夜になっていくと、メラトニンの分泌が始まります。同時に段々人の体温も下がって眠たくなっていきます。

しかし、メラトニンの分泌が始まる夜に明るい部屋に居続けたり、強い光を長い時間浴び続けると、昼間と同様にメラトニンの分泌が抑制されてしまうのです。

そうです!このメラトニン分泌の抑制こそが、ぐっすり眠れない原因の一つなのです!!

照明が明るいとメラトニンが抑制され、眠気がなくなるのですね。

快眠のコツ4:アロマを使って脳をリラックスさせる

つまり「眠れない」ときは、交感神経の緊張が続いている可能性が。安眠のためには眠る前に心身共にリラックスして副交感神経を優位にしておくことが不可欠です。そこで、登場するのが、香りで脳に働きかけるアロマテラピー。心地よい香りで心身を緩めることができれば、身体がリラックスして副交感神経が優位な状態を作りやすくなります。

快眠のコツ5:ストレッチやヨガで体をほぐす

自律神経は、内蔵や血液、酸素を体内に巡らせる働きを担っています。それゆえ、自律神経の動きが乱れると、めまいや動悸、不眠など様々な不調を身体に及ぼしてしまうのです。安眠の第一歩は自律神経を整えることにあります。

快眠の第一歩は自律神経を正常に整えることが重要です。そのためにストレッチやヨガなのどで体を伸ばし、心身ともにリラックスさせた状態を作ることが重要なのですね。

快眠のコツ6:枕の高さを調整する

例えばですが、椅子が高すぎたり低すぎたりすると、30分座っているだけでとても疲れますよね。

同じように、枕も適切な高さでないと、約7時間の睡眠中にあなたの肩や首はどんどんストレスを溜め込みます。

枕の高さの全国平均は女性が平均3.0cm、男性が平均4.0cm程度と言われていますが、体型によっても違いが出てきます。

理想の枕の高さ
痩せている人:2.5~3.0cm
標準体型の人:3.0~4.0cm
体格の良い人:4.0~5.0cm

快眠のコツ7:寝る前の食事に気をつける

1 2