1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

さんまや中居を知らなかった!?…お嬢様芸人「たかまつなな」とは?

さんまや中居を知らずに育った、先祖に奈良時代の征夷大将軍・坂上田村麻呂を持つ、超インテリ芸人「たかまつなな」についてまとめました。

更新日: 2017年09月20日

13 お気に入り 68868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・たかまつななが「さんま御殿SP」に出演した

お笑い芸人・たかまつなな(24)が、19日放送の「踊る!さんま御殿!!インテリVSノットインテリSP!!」(火曜・後7時)に出演

「インテリVSノットインテリ」というトークテーマで、出演者たちが「我ながらおバカ過ぎてイヤになったこと」や「学歴なんて意味ないじゃんと思ったこと」について語る。

真面目な家庭で育ち、テレビを見ていなかったので、芸能界に入るまで明石家さんまを知らなかったという。

さんまは「俺でも認知度100%いっていない。97%くらい。100人居たら3人は知らない。てっきり100%いっていると思っていた」と笑いを取った。

・Twitterでも「たかまつなな」が注目の的に

さんま御殿見てるけど たかまつななって女凄いな 白鳥姉妹以上のブサイクが日本にまだ隠れてたんやな

たかまつななさん好き(人´∀`*)もっともっとテレビに出てほしい

たかまつななみたいな人を見ると勉強が出来るのと頭がいいのはまた別のことなんだなと思える。

・「たかまつなな」とはこんな芸人

落語と狂言しかお笑いを知らなかったが、中学2年の時、爆笑問題の本に感銘を受け、芸人になろうと決意する。

「負けず嫌いなので、逆に奮起できました。養成所の入学金25万円は、懸賞作文の賞金で。芸人になって、“治安が悪い”と行かせてもらえなかったコンビニに入ったり、先輩に連れて行っていただいた日高屋でこんなに安い食べ物があると知ったりして…、自分がお嬢様だったと知りました(笑い)」

2013年のR−1グランプリではフリップをめくりながら演じる「お嬢様言葉」のネタで準決勝進出も果たした。

現在は、お笑いタレントとして活動するかたわら、東大大学院情報学環教育部、慶大大学院政策メディア研究科で学業に励んでいる。

サンミュージックを退社後に立ち上げた「株式会社 笑下村塾」で、政治を分かりやすく伝えるための学生向け出張授業を行っているという。

・さらに先祖がインパクトありすぎる

曽祖父に東京ガス元社長の高松豊吉氏を持つという、異例の経歴で注目を集めている

たかまつは「江戸時代に新しい宿場町を作ろうと。だから『新宿』なんですよ」とその由来を解説し、「幕府に5000両くらい上納して作りました」と明かした。

・テレビを見ることなく1日16時間勉強していた過去も

1 2