1. まとめトップ

江戸前のご当地グルメ深川めし

深川で好まれた江戸前グルメのひとつ、深川めしのご紹介。

更新日: 2018年03月01日

1 お気に入り 929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

古くからおいしい郷土食として人気のごはん特集です。

moepapaさん

深川めしとは

深川めし(ふかがわめし)、深川丼(ふかがわどん)は、アサリ、ハマグリ、アオヤギなどの貝類とネギなどの野菜などを煮込んだ汁物を米飯に掛けたものや、炊き込んだもの。アサリ飯と呼ぶこともある。
古くはアサリではなく、江戸の深川近辺で大量にとれたバカガイ(アオヤギ)を用いた。アサリを使うようになったのは明治・大正頃である。

貝の産地ではポピュラーな調理法だが、東京の深川が代表格であるため、このように呼ばれている。2000年前後から増え始めた深川めし屋の多くは炊き込みタイプである。NRE大増とJR東海パッセンジャーズが駅弁として発売しているのもこのタイプである。

色々な深川めし・深川めし風

材料はどこでも手に入りますので、家庭でもおいしい炊き込みごはん、煮込みごはんとして作れます。

評判

動画ギャラリー

1 2