これはひどい…SNSで急増してる「お試し詐欺」

昨年度から激増している「無料トライアル詐欺」問題。調べてみると、課題はかなり山積みのようで…。

更新日: 2017年09月20日

36 お気に入り 227951 view
お気に入り追加

4年間で約20倍に急増してる詐欺

「お試し」のつもりで申し込んだのに「定期購入」させられたトラブルが急増

トラブル相談の約8割は女性から寄せられている

※16年度版の「消費者白書」によると、件数は前年と比べ約3.4倍、4年前と比べると約20倍に。

【トラブル急増! お試しのつもりが『定期購入』!?】 「初回は無料」「まずはお試しを」などの誘い文句に乗って注文したら、定期購入することになり、キャンセルも拒否された、といったトラブルが。事例や対策はこちらから #お試しtwitter.com/i/web/status/9…

多くは健康食品を謳ったもので

相談件数は「健康食品」が最多の約74%を占め、次に「化粧品」が続いている

「無料トライアルを止めようと思っていたら、自動的に定期購入になっていたらしく、代金を請求された」

若い女性の皆さん!SNS等でダイエット効果あり、バストアップ効果ありとの広告を見て、1回500円のお試しのつもりで購入したところ、実際は定期購入で数回以上定価で購入しなければ解約出来ないというトラブルが急増!表示の見落としも注意ねkokusen.go.jp/news/data/n-20…

解約できる期間を経過してから商品が届く、事業者に連絡がつかず解約手続や問い合わせができないケースがある

手口も非常に巧妙で…

ただ、スマホではとても見えないぐらい小さく…

「定期購入」が条件であるとの文言は小さく記載されていたり、購入時に目につきにくい場所に表示されていたり

注意書きのすぐ上には20倍以上の大きな飾り文字で「実質無料」などとあって、注意がそっちへ行いてしまう

また、通信販売やネットでの購入は「自分の意思での契約」とされ、クーリングオフの対象外に

この事態に消費者庁が注意を呼びかけ

【対策①】
購入前に、広告や規約、購入・契約条件、解約方法等をしっかり確認。また、購入先の評判について事前に調査をしましょう

【対策②】
消費生活センター(消費者ホットライン 局番なし188番)、弁護士といった専門家に早急に相談することも大切

関連リンク

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。