1. まとめトップ

少女が戦うラノベ~少女が戦うライトノベル・小説を読もう

少女が主人公で戦うライトノベル、小説でおすすめの小説本のまとめです。強い主人公のものや、凜々しくて応援したくなるものをメモしています。

更新日: 2017年10月25日

1 お気に入り 10880 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yokohamareelさん

勇者、或いは化け物と呼ばれた少女

かつて少女は“勇者”と呼ばれ、賞賛された。
そして“化け物”と呼ばれ、恐怖された。
魔物を殲滅させるまで、少女の足は止まらない。
殺して殺して殺し尽くす――それが、勇者の宿命。

過去を失い、新たな仲間を得ても、少女の目は魔物を追い続ける。
理由は、ただひとつ。「私は、勇者だから」。

神託に選ばれた勇者の少女。
一度は魔王を倒したものの、戦いは終わらずに続きます。
過去をなくし、昔の仲間も失い、それでも「勇者」であることを選び続けた少女。
とにかく強いのですが、その強さ故に回りと距離ができてしまいます。
勇者という役目を終え、少女が幸せになってほしいと願わずにはいられない物語でした。

「小説家になろう」でWEB版を読むことができます。

おもしろかったです。少し懐かしい感じの正統派ファンタジーラノベという感じでしょうか。世界観はダンジョンRPG、物語とテーマはワンパンマンとかが近い気がします。最強であるが故の哀愁をテーマにするワンパンマンに対し、本作は魔王を倒して平和が訪れた後の世界で、なお勇者であり続けようとする主人公のアイデンティティの物語です。ファンタジーに対するメタな考察としてはメジャーな話題な感はありますが、とても真摯に真っ直ぐに描かれていて好感が持てますね。パーティのキャラクターも魅力的で読みやすく楽しめました。

魔物とはなんだ?善悪とは?というテーマがあるように感じます。優しい魔物やきちんとしたルールのもとに暮らす魔物が出てくる反面、外道に堕ち人を人と思わないような悪行を働いたり、自身の目的のために重罪を犯す人間。そんな中、死に場所を求めていた彼女に大きな事件が・・・ 誰よりも強く、誰よりも優しい彼女に大いなる幸あれ

乙女ゲーム世界で戦闘職を極めます 異世界太腕漂流記

女子力最底辺のゲームオタク・市川鷹(♀)が転生したのは、乙女ゲームの世界だった!

しかし悪役令嬢だろうが剣と魔法の学園物語だろうが、彼女 にとっては不要。
求めるのは前世でやり込んだVRMMOのような冒険。
家から脱出した彼女は冒険者を目指すために放浪の旅に出る。
そこで出会った おっさんだらけのチームに協力してもらいながら、己を鍛えていくのだった。

乙女ゲーム要素ほぼゼロの、血湧き肉躍る戦闘系ファンタジー!

乙女ゲームとは名前だけで、ほぼ戦闘につぐ戦闘。
ひたすらに強くなるために頑張る、戦闘狂ともいえる少女が主人公です。
ただ、周囲は少女だと気がついていないと思いますが…
いろいろなネタがこれでもかというほどつめこまれ、笑えます。

「小説家になろう」でWEB版を読むことができます。

タフでクールでワイルドで男前。 イラストもそうだが実に男くさい。 これで転生した先が乙女ゲームというのだから どんな世紀末的世界なんだと言いたくなる。 前世でもバーチャルでも鍛えまくった人生の新生がここにある。 目指せ達人。

心が太い。 鋼の精神を持っている。 テンポの早い一人称の語りで深刻さが少しだけ和らげられる。 三河武士の末裔はみんなこんななのか。 こういう強い女性のことを鋼鉄の乙女っていうんだっけ。 違いますね。 新キャラは美形だが乙女ゲーム成分は無し。 タイトルに偽りありというかタイトル通りというか判断に迷う。

まのわ

やり込み倒したゲーム「ゼクシハーツ」そっくりの異世界に転移してしまった風音。

なぜか持っていたラーニング能力を駆使し、魔物からスキルを手に入れまくる。
同じく転移していた槍使いの弓花とタッグを組んで、冒険者として異世界での大冒険が始まった―。って気付けばオーガ蹴り倒してる!?

まのわ=魔物倒す・能力奪う・私強くなる
ゲームのような異世界に転移したものの、魔物からのスキル取りもある主人公。
とても強いので、危なげがありません。心配なく読みすすめられます。
マイペースな主人公がかわいいです。

「小説家になろう」でWEB版を読むことができます。

流行りのMMORPG+異世界召喚。加速度的な成長とサクサク進むストーリーを楽しむ俺TUEEEタイプの作品。度胸の据わった女の子二人と、バラエティに富んだスキルが魅力。

web版既読。新しい仲間もどんどん増えていき、今が一番面白い時期。web版はこの後からグダリ始めたんだよな。書籍化ということで上手くまとめ直されていることを願う。読んだ感じだとwebでは数章に渡っていた物語が数ページだったり、書籍か特有の書式変更もあるから、webのものより読みやすくはなっていると思う。

火輪を抱いた少女

実験番号13番。そう呼ばれて、特別な教育を受けて施設で育った赤毛の少女。
施設から出、ノエルという名を得た少女の夢は“幸せになりたい”ただそれだけ。

後継者争いに荒れるコインブラ軍の兵士となると、人間離れした力と才覚で、少女はすぐにその頭角をあらわした。

獰猛で冷酷で無邪気。黒き二又槍から炎を迸らせ、赤毛の少女が敗色濃厚な戦線を圧倒する!!

施設で育っていた少女は一人だけ生き残り、二又槍ひとつで戦いを切り開いていきます。
少女の願いは「幸せになりたい」
でも、それをなかなか世界は許してくれず……
最後まで戦い抜く姿は圧巻。読後にほっとしてしまった物語でした。
「小説家になろう」でWEB版を読むことができます。

女の子が幸せになるためにがんばる。敵はみんなぶち殺すけどっ。なかなかいい性格の主人公なので今後にも期待できそうです。

人体実験で生き残った少女はノエルと名乗り、炎を放つ二又槍を持って帝国を揺るがす内乱に参戦、その行方を左右していく…脳天気な世間知らずだが滅法強く、軍事に関する頭脳もあるノエルの活躍と栄達が痛快。ただ「幸せ」を求める彼女は仲間と約束を大切にするけれど、敵には容赦ない。欲を掻いた者が勝手に彼女を敵に回して滅びていく。彼女が一番憎むのはその名の下に理不尽な扱いを受けた皇帝であり、彼女の存在そのものが体制への問いである。全てが作者らしさ。宿敵が実験の成功例でかつての仲間というのがポイントか。次巻が待ち遠しい。

魔法少女育成計画

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。

幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。

しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた…。

ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』で本物の魔法少女になれるかも――という夢あふれた内容だと思って読み始めたところ、多すぎるから減らすということで、魔法少女同士が戦っていくというお話です。

魔法少女同士、とにかく容赦ない、無慈悲な戦いが続きます。
予測できない展開と少女達それぞれの魅力に、夢と絶望、せつなさ、駆け引き、葛藤など、沢山のものがつまって、面白くて引き込まれる物語です。

(この後、第一幕~第二幕~第三幕とシリーズが続いています)

魔法少女のバトルロワイヤルものということで、面白そうだと読んでみましたが期待以上でした。各々の能力全てが戦闘向きなわけじゃないのに、ちゃんと話に活かされているのが凄いなあと。どのキャラも可愛らしく、スノーホワイトとラ・ピュセルの関係が特に好きでした。この二人いつかくっつくのかなあとニマニマしてました。か弱かったスノーホワイトが たくましく成長したようなので、彼女の続編での活躍が楽しみです。

まどマギフォロワーかと侮るなかれ。非常によくできたキャラクター小説だと思う。それぞれのキャラが、特徴と同時に思想を持っていて、みんな生き生きしてる。またキャラ数は多いものの、数人ずつでグループのような関係性になっているので、読んでいても混乱しない。描写の盛るところと引くところとのさじ加減のうまさといい、上手いと思う。

「あなたたちは魔法の才能を持っているのよ」放課後の理科準備室に現れた妖精は、そう告げると、室内にいた女子中学生たちを魔法少女へと変えてしまった。

「魔法少女になって、悪い魔法使いからわたしを助けて! 」
マンガやアニメのような展開に色めき立つ少女たち。

誕生したばかりの7人の魔法少女は、妖精に協力することを約束するが……。

1 2 3