1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ドンキホーテ・ドフラミンゴ率いる海賊団。16年前の拠点は北の海・スパイダーマイルズ、現在は新世界・ドレスローザ。海賊旗は顔に線の入ったスマイルマーク。本船はサングラスをかけたフラミンゴを象っている。

武器・兵器・ドラッグ・悪魔の実などのあらゆる危険物の闇取引を仕切っている密輸組織で、戦争中の国々に武器を横流しし、ドレスローザ周辺諸国の戦争を煽っている。かつては、シャボンディ諸島で人身売買を行う「人間屋(ヒューマンショップ)」を経営していた。

現在は、科学者シーザー・クラウンと手を結んで動物系の人造悪魔の実「SMILE」を生産し、四皇カイドウをはじめとした新世界の大物たち相手に取り引きを行っている。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

元王下七武海。ドンキホーテ海賊団(ファミリー)船長。ドレスローザ元国王。異名は「天夜叉」。元懸賞金3億4000万ベリー。
常に不敵な笑みを浮かべている。「力が全て」「勝者だけが正義」という考えを持ち、本物の海賊しか生き残れない「新時代」を提唱している。

超人系悪魔の実「イトイトの実」の能力者。体から糸を出し、相手を拘束・操作したり物質を切断したりすることができる「糸人間」。また、雲に糸をかけることで空中を移動する、糸をより合わせて自身に近い性能を持つ分身を作る、糸で内臓の修復作業を行うなど、様々な応用も可能。さらに能力は「覚醒」の段階まで踏み込んでおり、周囲の物質を糸に変えることもできる。「覇王色の覇気」「武装色の覇気」の使い手で、身体能力も非常に高い。

父・ホーミング聖の意向で天竜人の地位を捨て、家族と共に地上へ移住した。しかし移住先の住民に天竜人であることがばれ、天竜人を恨む住民達から地獄のような拷問・迫害を受け家族共々追われる身となり、逃亡生活の最中母が病死する。2年後、ヴェルゴの紹介で王の資質を見出したトレーボルから復讐する「力」としてイトイトの実と拳銃を与えられ、母を亡くしたことに怒り父を殺害。

10年前、天竜人の貢ぎ金「天上金」の輸送船を襲い、政府を脅し七武海に加盟する。同時期に、ドレスローザのリク王に脅迫と同時に能力による悪謀を仕掛け、国民からの信頼を失墜させ、リク王に代わりドレスローザの王位に就く。

最高幹部

ドンキホーテファミリー最高幹部・初代「コラソン」。海軍G-5支部中将。G-5基地長。異名は「鬼竹のヴェルゴ(きちく - )」。
市民からも紳士的な海兵と思われているが、これらの姿は全て演技であり、実際は彼らの命など全く省みない冷酷な性格。ドフラミンゴとは最も付き合いが長い関係で、彼からは「相棒」と呼ばれるほど高い信頼を寄せられている。

六式の「剃」「月歩」「指銃」を使用でき、足技の達人であるサンジの足の骨にひびをいれるなど、高い身体能力を持つ。強力な「武装色の覇気」の使い手で、全身を黒く硬化させることができる。覇気を纏った竹竿を武器に持ち、竹竿に息を吹き込み吹き矢のように飛ばす戦法も使う。

ドンキホーテファミリー最高幹部。クラブの席に座る男。ドフラミンゴの参謀。
粘着質な性格で、相手との会話で顔を寄せすぎるため、仲間からも鬱陶しく思われている。捕えたトンタッタ族を執拗に痛めつけるなど残忍な面を持つが、相手の挑発に乗せられやすい短気なところもある。

超人系悪魔の実「ベタベタの実」の能力者。可燃性の粘液を操る「粘液人間」。身体から出した粘液を使い、人や物を引き寄せる、自身を引き寄せて高速移動する、対象の動きを封じる、粘液を弾丸のように飛ばすといったこともできる。常に粘液を体に纏わせており、本体を攻撃しなければ覇気による攻撃も通じない。

ドンキホーテファミリー最高幹部。ダイヤの席に座る男。
大きな口と長い脚が特徴で、インディアンのような羽飾りがついたコートと能力ではためかせている鋼鉄製のマントを着用し、派手なフェイスペイントをしている。自信過剰でおだてにのせられやすい性格で、最初は謙遜するも天才と持ちあげられると上機嫌になる。また、好戦的かつ挑発的で相手を徹底していたぶる狡猾な面を併せ持つ。

超人系悪魔の実「ヒラヒラの実」の能力者。自分の体や触れたあらゆる物を強度を問わずに旗のようにはためく物質に変えることが出来る「旗(フラッグ)人間」。はためかせた物質の性質が変わることはなく、小さく折りたたんで武器を収納することもできる。ファミリーの中では剣術に長けており、かつてローを指導した。

ドンキホーテファミリー最高幹部。スペードの席に座る男。
筋肉質の巨漢で、正面に十字状の飾りがついた兜を被り、肩は丸みを帯びトゲが生えた特徴的な形をしている。そのような外見に似合わない甲高い声の持ち主であり、聞き慣れていない者が思わず吹きだしてしまうほどである。本人も自分の声にかなりのコンプレックスを持っており、めったに口を開かない。

超人系悪魔の実「イシイシの実」の能力者。触れた石や岩と同化して自在に操ることが出来る「岩石同化人間」。岩石と同化すると巨大なゴーレムのような姿になる。この能力で石造りの王宮と同化し、内部の構造を自在に変化させ侵入者を排除する。また、石であれば地形をも変化させることが可能。巨大化された体が破壊されても、本体は分断されたどれかに留まっている。

元ドンキホーテファミリー最高幹部・2代目「コラソン」。元海軍本部中佐。ドフラミンゴの弟。故人。
ローが恩人として慕っている人物。上官であり育ての親であるセンゴクからは息子のように想われ、部下としても特別な信頼を置かれていた。

超人系悪魔の実「ナギナギの実」の能力者。触れた者や周囲の雑音を遮断する「無音人間」。直接的な戦闘には不向きだが、自分の存在や攻撃方法を悟らせないまま敵を錯乱させるといった潜入や隠密行動、奇襲に長けている。銃弾を数発受けながらも複数の敵を返り討ちにするなど、地位相当の実力者で、能力者であることを知らないファミリーのメンバーからも「腕が立つ」と言われていた。

幹部

ドンキホーテファミリー幹部。シーザー・クラウンの秘書。シュガーの姉[30]。
クールな雰囲気の美女で、鳥の翼・脚を持つ人面鳥(ハーピー)[注 49]。ドフラミンゴに絶大な忠誠心を抱いており、彼のためなら命を懸けることも辞さない。おだてに弱い一面がある。

自然系悪魔の実「ユキユキの実」の能力者。雪を生み出し、自在に操ることができる「雪女」。猛吹雪を起こしたり、雪で自身を覆い防御するなど戦法は多彩。牙を持つ怪物のような姿に変身することも可能で、噛み付いた箇所は凍結し砕け散る。熱が弱点で、これを伴う攻撃は物理でも無効化できない。

トレーボル軍

ドンキホーテファミリー「トレーボル軍」特別幹部。モネの妹。
実年齢は22歳だが、能力の副作用で実を食べた瞬間から歳をとらないため、能力者となった10歳時から12年間見た目が全く変わっていない。見た目通りの子供らしい性格だが、かなりの毒舌家でトレーボルや部下には冷たく当たっている。ファミリーのドレスローザ支配における最重要人物につき常にトレーボルが護衛している。グレープが好物でよく指に刺して食べている。

1 2 3