1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

お取り寄せも♪一度は食べてみたいちょっと高級な「納豆」7選

誰かに贈るのもいいし、自分でも食べてみたい!

更新日: 2017年09月24日

46 お気に入り 15236 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼日本人が大好きな納豆。

ダメという人も少なからず存在するが、納豆ファンもこれまた多い

□豆の大きさ以外にもこだわってみて!ちょっと高級な納豆たち!

①「下仁田納豆」(群馬県)

「納豆はとにかく混ぜ方が決め手です。下仁田納豆は、右に51回、左に15回、それから右に5回。これを3セット繰り返します」。

朝からろくなもん食ってないから秘技下仁田納豆黒豆!うめえ〜 pic.twitter.com/NKYVpLBu7Q

②「鶴の子納豆」(秋田県)

タレントの堀ちえみさんが、日本一美味しいと絶賛するのが、秋田県横手市の「鶴の子納豆」。価格は一袋500円で、かつては日本一「高い」と称されたこともあるそう

日本一高級な納豆専門店とし知られている「二代目 福治郎」(秋田県秋田市大町1-3-3)。通信販売で全国的に知られている納豆の老舗であり、東京や大阪など、各地にお取り寄せの常連がいる

二代目福治郎の鶴の子って納豆が激大きい粒。高いけどうまいですよ。

誕生日プレゼントに納豆もらった!二代目福治郎納豆。鶴の子は1個500円する高級納豆。 pic.twitter.com/Wl6Li1pkIV

③「道祖神納豆」(長野県)

道祖神納豆食ったらもう他の納豆では物足りなく感じてしまうようになってしまった

道祖神納豆そばってのを食べた。道祖神ってすごい名前のそばだ…とか思ったけど、道祖神納豆って名前の納豆らしい。さっぱり。 pic.twitter.com/izUS4K9Hr6

1 2