1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

フルカラーを実現…知らない間に『3Dプリンタ』が凄いことに

フルカラーを実現したプリンターが結構安い値段で買えるようになった…。3Dプリンターは着実に進化していますね。

更新日: 2017年09月23日

33 お気に入り 27667 view
お気に入り追加

・3Dプリンターはここまで進化した

XYZプリンティングジャパンは2017年9月21日、同社が開発したフルカラー3Dプリンタ「da Vinci Color」に関する日本向け製品説明会を都内で開催

同製品は販売代理店経由の他、オンラインショップや家電量販店でも購入することが可能

・特徴はフルカラー造形を実現しているにも関わらず手が届く価格

同製品はドイツで開催したコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2017」(会期は2017年9月1~6日、メッセ・ベルリン)で初披露したもの。

3Dカラージェット技術により、CMYKカラーインクをPLAフィラメントに付着することで、最大1600万色の精密なカラーリングを再現することができる。

フルカラー造形を実現しているにもかかわらず、698,000円(税別、送料・設置費用込み)と小規模事業所や個人でも手が届く価格となっている。

・しかも早期割引が適用される

コストパフォーマンスの良いソリューションで、3Dプリンティング事業を行うことができ、フルカラーの高速印刷、PLAフィラメントによる簡単な印刷、無駄な時間やコストがかからない印刷後の処理などのメリットもあるという。

・確かにこれまでのプリンターは塗装作業がありコストがかかった

3Dプリンターを使ってフィギュアを出力している人なら、いちいち手で塗装する作業にうんざりしているかもしれない。

この3Dプリンターをつかえば、小さな人物フィギュアや玩具、ハンバーガーのミニチュアだって鮮やかな色で出力できる。

・Twitterにも散見される「手間」の問題

結局フィギュア作ろうと思ったら表面処理の手間いるんかい!って思ったのは3Dプリンターのがっかりポイントの一つ

あとは3Dプリンターも全自動で塗装してくれるようになったらいいね。まだまだ先だろうけど。

出力後の表面処理の手間考えたら、手頃な値段の3Dプリンター買うよりDMMあたりで高精細出力してもらうほうが楽なんだよなあ

3Dプリンターがもう少しお手頃価格になれば自宅で好きなサイズの模型(外だけ)を簡単に作れるようになりそうね。 昨日見たカラー3Dプリンターが普及すれば塗装が下手でも大丈夫、かな。

・開発期間は2年、カラーになったことで用途も多彩に

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew