1. まとめトップ

説得力の格が違う…清宮幸太郎のプロ志望に対する、斎藤佑樹のコメントが話題に

その進路が注目されていた早稲田実業の清宮選手。プロ志望を発表したことで、あの選手の発言に多くのコメントが寄せられていました。

更新日: 2017年09月24日

0 お気に入り 30619 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sanyongoさん

●早稲田実業・清宮幸太郎選手の進路に注目が集まっていた

高校生のプロ志望提出期間はドラフト会議の2週間前の10月12日まで。ドラフト会議は26日に開催される

「プロ入りを決断したとみられる」と書いたスポーツ紙もあったし、「大学を勧めています」という関係者のコメントを掲載した雑誌もあった。

●9/22会見を開き、プロ志望を発表

清宮幸太郎内野手(3年)が、卒業後の進路についてプロ入りの意向を固めた

緊張した面持ちで「プロ野球志望届を提出することに決めました」と語り「早実での3年間で次の大きな夢に挑戦するべきと確信した」と語った

清宮幸太郎がプロ野球界を盛り上げてくれるのは楽しみ(^^)どこの球団に行っても応援するな

●注目度の高さ・出身校が同じことから、あの選手と比較されてきた

ドラフト1位間違いなしと言われながらも卒業後すぐにはプロへ進まず、早大へ進学

●プロになってから結果を出せずにいる斎藤選手

当時甲子園の決勝戦で戦った田中将大投手は
高卒でプロへ進み現在はメジャー選手。
その差が常に比較されてきた。

ルーキーイヤーの成績を超えることができず、13年と16年は未勝利に終わっています。ケガに苦しんだこともありますが、結果を残せていない

プロ野球選手の平均引退年齢が29.6歳(2016年NPB調べ)と伝えられると、「引退とかクビとかというのはもちろん感じているというか頭の中にはある」という

●そんな中、マスコミの取材に対し斎藤選手がコメント

「彼は1年生のときから3年間結果を残してきた選手。僕は3年の夏だけ。境遇が違います」とコメントを求められて恐縮

「彼の判断は大正解だと思う。早実のOBとして、頑張って欲しいと思います」とエールを送っていた

●これに対し、ネットでは様々な声が

斎藤祐樹に清宮の大学行かずにプロ行くのは正しい決断とか言われたらなんも言い返せなくね??

@okatomi_sun まあでもそこらの記者とかがあーだこーだ言うよりは説得力あるわ(震え声) てょの頃はわからんが清宮はわかる気がするな

1 2