安いと200円なんてところもありますが、これは近年昭和には見られたリャンピン(1,000点200円)などの高いレート店がなくなったことに由来します。レートが低いほど雀荘のゲーム代は安くなる。

ならレートをあげよう!とすると、今後は警察の取締りに合うためできないのです。
警察から1時間のゲーム代として630円?当たりを上限として設定されているらしく、それ以上のゲーム代が設定できません。1ゲームに1時間もかからないので今の600円だって上限オーバーですけどね。そこは警察に「1ゲーム1時間かかります!」と伝えるんでしょうかね‥。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

麻雀で飯を食う!は難しい‥。2017年のレジャー白書でプレイヤー人口「500万人」へ

乱立する違法雀荘の影で、粛々と縮小を続ける麻雀業界の現実。「麻雀で飯を食う!」が難しい実態、2017年のレジャー白書を基にまとめました。

このまとめを見る