1. まとめトップ

近年人気の今更聞けないインスタグラムっていったい

近年若者を中心に大流行、利用者数激増中の、新手のSNS、インスタグラム(Instagram)とは何?という今更聞けない基本情報からご紹介。

更新日: 2017年09月25日

2 お気に入り 438 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

インスタグラム(Instagram)とは

Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーションソフトウェアである。
iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。
コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。

Facebook傘下のインスタグラムは、ざっくりいえば写真や動画の投稿に特化したSNSです。写真と簡単なコメントという手軽さから、芸能人やセレブなどのユーザーが使いはじめ、人気に火が付きました。スマホで撮影した写真や動画を洗練されたフィルタなどで加工して投稿できるのに加え、他のユーザーをフォローして投稿をタイムラインで閲覧できます。

2010年10月6日、アップルのApp Storeに登場したインスタグラムは、同年12月までに100万人の登録ユーザを獲得。登録ユーザ数は翌2011年6月までに500万人を突破し、同年9月までには、1,000万人に達した。
2016年6月22日には全世界のユーザー数が5億人を超えた。

使い方

すっごいシンプルに言ってしまえば、自分でいい写真を撮れたらアップして世界へ公開。
公開されているよい写真を見つけたらフォローして注目。
そのふたつをいかに広げていって多くの人とつながるか、といったアプリ、サイトです。

撮った写真にはコメントをつけてアップできますが、他のSNSよりも、かなり写真に比重を置いたサイトになっています。
自身の知り合いと繋がるもよし、まったく知らないよい写真を揚げる人と繋がるもよし、利用者の希望次第です。

写真をアップする際には、こんなに豊富なフィルタをかけて加工してアップすることができます。

収入を得ることも

最近人気のキュレーションサイトのように、アップしていくら、閲覧されていくら、という報酬システムはありませんが、人気インスタグラマーになると企業スポンサーがついたりして、スポンサーグッズを使った投稿について、報酬がもらえるようになります。
世界的な人気インスタグラマーともなると、1投稿100万円以上の価値があるとか。

1