1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

うめ助さん

■『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』

2018年に公開される劇場版『名探偵コナン』第22弾タイトルが
『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』に決定した。

■プロモーションビデオ

■小五郎のおっちゃんが警察に捕まる!?

今作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、安室透がメインキャラクターとして登場。

ある時は毛利小五郎に弟子入りした私立探偵「安室透」として、またある時は黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」として、コナンの前にたびたび顔を見せる謎の男。その正体は、公安警察・降谷零という、トリプルフェイスを使いこなす超重要人物。

今作では、不穏な動きを見せる安室にコナン達が翻弄される中、爆破事件の容疑者として毛利小五郎が逮捕されるという衝撃の展開が襲い掛かる。小五郎の無実を証明するため、身を挺して真実を追求するコナンの前に立ちはだかる、正義の味方のはずの安室。

果たして安室は敵なのか?味方なのか?

そして安室の真の目的とは?

それぞれの“正義”を護るため、
ぶつかり合う二人がどんな結末を迎えるのか期待が高まる。

■ストーリー概要

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5日1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!

そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。

その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。

果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた―。

「極秘任務」とは一体なんなのか…?

■黒の組織のナンバー2である、『RUM』疑惑の人物も登場!?

更に、今回発表となった青山先生直筆のティーザーヴィジュアルには黒ずくめの組織のNo.2「RUM」なのでは?とも噂されている警視庁管理官・黒田兵衛も初登場。このことがどういう意味をあらわすのかにも要注目だ。

劇場版名探偵コナンの初監督となる立川譲の参加も決定し、新たな魅力を増した『ゼロの執行人』。年々激しくなるアクションシーンも更にパワーアップすることが予想される。

■公開日は2018年4月13日(金) 全国東宝系ロードショー!

今回のコナンは、土曜日公開ではなく、なんと金曜日から公開!

不吉な『13日の金曜日』に公開という事もあって、
様々な議論がファンの間で繰り広げられている。

■今作の重要人物

・安室透(あむろ とおる) / 降谷 零(ふるや れい)

本名は降谷零。黒の組織に潜入している公安警察官。警察庁警備局警備企画課所属。

表の顔は私立探偵・「安室透」で、毛利探偵事務所下の喫茶店・「ポアロ」でバイトしながら小五郎に弟子入りする形でコナンたちと接点を持つようになる。

組織ではバーボンというコードネームを与えられ、探り屋として活動している。

・黒田兵衛(くろだ ひょうえ)

警視庁刑事部捜査一課管理官。階級は警視。50歳。

過去に何らかの大きな事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していたため、本来はもっと若い頃に来るはずの地方警察への出向が遅れていた。顔の火傷痕と右目の義眼はその事故によるもので、当時の看護師によれば、黒かった髪が事故のストレスで白髪に変色しており、意識が回復した現在も細かい記憶が抜け落ちているようである。

「大柄で義眼」という特徴が、黒の組織のメンバーであるラムの特徴と一致しており、コナンにその正体を疑われている。一方、黒田もコナンのことを意外な着眼点で小五郎の推理に対してバックアップやフォローを行い、事件を解決へ導く「眠りの小五郎の知恵袋」として、実際に面識を持つ以前からその顔と名前を知っており、面識を持つようになってからもコナンの指示通りに部下を動かすなど、その推理力には信頼を置いている。

■Twitterの反応まとめ

劇場版名探偵コナン第22弾 「ゼロの執行人(しっこうにん)」 4月13日金曜日 公開! 降谷零が主役!ですよ!ああ!しんどい! pic.twitter.com/k50YLMrDai

1 2