1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最近のAmazonが『気になるニュース』でもちきりな件

日々の買い物だけでなく、様々なサービスを提供している「アマゾン」。ちょっと気になるニュースや話題を最近よく見かけましたのでまとめてみました。

更新日: 2017年09月25日

14 お気に入り 79790 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

futoshi111さん

◆Amazonのログイン画面を装うフィッシングに注意

【注意喚起】Amazonのログイン画面を装うフィッシングサイトが観測されています。情報を入力してしまうことのないよう、ご注意ください。 #フィッシング #偽サイト #Amazon #アマゾン pic.twitter.com/MNICWaoPFS

フィッシング対策協議会は9月21日、Amazonをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。同協会は9月11日にも、手口の異なるAmazonを装ったフィッシングメールについて注意喚起している

メールの件名は「注文通知:Launchpad Pro 2017年9月21日」。本文は請求書の書式となっており、誤って購入した場合に注文をキャンセルするよう案内し、本文のリンクから偽サイトに誘導する

協議会は、このようなサイトでアカウント情報や請求先情報、クレジットカード情報などを絶対に入力しないよう注意喚起している

おはようございます わいAmazonとか使ったことないのにこんなメール来たんやけどなんなんこれ… pic.twitter.com/Guj9mPzHat

@Slime0413 おはようございます。該当のメッセージは、Amazon.co.jpからお送りしたものではありません。当サイトの名をかたるフィッシングが増えておりますので、記載されているURLはクリックなさらないようお気を付けください 。 YM

【注意喚起】フィッシング対策協議会によると「注文通知:Launchpad Pro 2017年9月21日」といった件名で、Amazon をかたるフィッシングメールが出回っているそうです。注意してください! 詳細→ antiphishing.jp/news/alert/ama…

◆「よく一緒に購入されている商品」機能で爆弾⁉

チャンネル4は18日、アマゾンのサイトで「よく一緒に購入されている」商品として、ボールベアリングや遠隔操作の起爆装置など、爆弾を製造するための部品が自動的に紹介されたと報じた

アメリカやイギリスでは、これらの商品の購入はすべて合法であり、テルミットのような物質の材料もオンラインで簡単に検索できる。また、家庭用品を使った発火などの化学反応の動画は、学校の化学クラブの投稿などでいくらでも出回っている

Amazonの担当者は20日、「最近の諸々の出来事を受けて、われわれは現在、これら全ての製品が適切に紹介されるようにするため、当社のウェブサイトを見直しているところだ」と述べた。

 さらに、Amazonはこれからも必要に応じて法執行機関と密接に連携し、捜査に協力していくつもりだとした

Revealed: how Amazon’s algorithm can guide users to the chemical combinations for producing explosives channel4.com/news/potential…

「Amazonが「よく一緒に購入されている商品」機能を通して爆弾の製造に必要な原材料を購入しやすくしていた可能性がある」 高度なレコメンドエンジンの落とし穴。しかしこれは多くの人がそれらを関連づけて買っているということ……。 japan.cnet.com/article/351076…

◆アニメのキャラが「アマゾン・エコー」に命令⁉

srad.jp/story/17/09/20… #ユーモア #humor アニメ「サウスパーク」作中の声にAmazon Echoが反応、勝手に商品を買い物リストに入れられる

アマゾン・エコーは、アレクサという音声認識ソフトを搭載した筒状のデバイスだ。たとえばエコーに声をかければ、スマートデバイスの操作をしてくれたり音楽をかけてくれたり、ネット経由で買物をしてくれたりする

起動する言葉さえ分かってればだれでもEchoに命令できるから、テレビに映ってるアニメのキャラクターでも、あなたの家のEchoを操作できる。20年の長寿を誇るアニメ番組South Parkで、まさにそれが起きた

作中のキャラクターがAmazon Echoに話しかけるシーンが放送され、それに視聴者宅に設置されたAmazon Echoが反応するという出来事が発生したそうだ

1 2