1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

林修先生ぶっちゃけ告白‥英語教育に「キラキラネーム」に持論

予備校講師でタレントの林修先生が英語教育やキラキラネームに持論を展開…ネットからも様々な反響が広がっています。

更新日: 2017年09月25日

41 お気に入り 257284 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

豊富な知識で知られる予備校教師の林修先生が話題

92年から東進ハイスクールや河合塾で講師を務め、2009年より東進ハイスクールの専任講師となる。

テレビCMでの台詞「じゃあ、いつやるか? 今でしょ!」が話題となったことで、一気に知名度が上がり、「今でしょ!」は「現代用語の基礎知識選 2013ユーキャン新語流行語大賞」にて年間大賞を受賞

・個性的な予備校業界の中で林先生は、かっちりとした講師らしい!

いまはなき日本長期信用銀行に勤務していたという点で、立派な社会人だったという経歴も持つ。予備校業界の中では、割と「固い」人なのである。

そんな林先生が、最近色々とぶっちゃけ告白し盛り上がっている。

それに伴い自身の生活拠点もイギリスに移すと表明しており、最近は渡英前の短い時間を惜しむかのように、モデル活動に勤しんでいる

ウィリアム王子やヘンリー王子も通ったという超名門校に息子が合格し、それに合わせて移住を決めたといわれています。

・紗栄子さんは久々テレビ「林先生が驚く初耳学!」出演

子どもの教育にまつわるネタの数々も。なかでも「幼児期の英語教育」のテーマには、2人の息子の留学目前の出演となったゲストの紗栄子

「1歳のおわりぐらいから」英語教育をしている、と教育ママぶりを明かしたが、予備校教師でタレントの林修氏から、“英語至上主義”にノーをつきつけられる展開

「1歳の終わりぐらいからしてる。コミュニケーションツールとして、英語持ってるのは強いと思います」と熱弁

しかし、幼児教育について「かなり研究している」と自負する林先生は「子供に早期英語教育やらしてる東大出身の親に会ったことがない」とバッサリ。

長年思っていたことを林先生が言ってくれちゃった 紗栄子の英語教育を林修先生がバッサリ #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

林先生は正しい。子供にとっての困難は、アイデンティティの混乱・喪失と下手するとセミリンガルになって思考力が付かなくなる問題。/紗栄子の英語教育を林修先生がバッサリ 2人の息子に1歳から習わせる #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

私は紗栄子に賛成。日本に明るい未来があるとは思えず、高度な英語ができれば日本脱出が容易になるから。 紗栄子 2人の息子に「一歳おわりから英語教育」に林先生が異論(デイリースポーツ) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-… #Yahooニュースアプリ

・さらに、キラキラネームと学力の相関性語る

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。

大手育児雑誌「たまごクラブ」が同名の特集記事としてまとめた事で一般的に広まっていったと言われている。

親の稚拙化といった話もよくされ子供の将来など考えずに適当に名前を決める場合も増加する。

・林先生は…学力には「ある程度の相関性がある」との持論

1 2