1. まとめトップ

キラキラネームと低い学力は「相関アリ」 林修氏の発言にネットがざわつく…

2017/09/24放送『林先生が驚く初耳学』でキラキラネームと学力(東大合格者の名前)の相関性についての林修氏の持論が話題に。

更新日: 2017年12月07日

6 お気に入り 96321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

game7lさん

キラキラネームと学力の相関性についての林修氏の持論がネットでも話題に。

『林先生が驚く初耳学』で話題。

創夢(はじめ)など、読めないような漢字を当てはめることが多くなってきている。キラキラネームには受験差別などのデメリットがある。

林氏は過去にテストで成績順に名前を並べたところ「途中から突然(名前が)読めなくなった」との経験を明かした。

さらに今年の東大合格者の名前をリストアップしたところ、番組プロデューサーが「全員、名前が読めますね」と話したエピソードも。

そして「テストの点数と名前は、ある程度の相関性はある」と主張。

林氏は「強く言っておきたいのは、本人には全く責任はない。固有名詞という意味をあまり考えてない親がいらっしゃる」と説明。

林修氏の考え ポイントは親が名前の役割を理解しているか

林修は、固有名詞は意味を持たないこと、固有名詞は特定して指示する機能があること、特定できない名前を付けることは固有名詞のあり方に則していないと思っていることなどについて説明。

林修は、固有名詞の役割を理解した上で命名するべき、などと考えている。常識を覆すイマドキの教育は「名前で最も大切なのは読めて指示ができること」。

ネットの反応

林先生の初耳学、キラキラネームへの考え方変わる〜。 キラキラネーム=学力が低い子 になる傾向があるそう…。 親が言葉の意味を理解できてないんじゃそうなるのも頷ける。でも子どもに責任はない(´・ω・`)ちゃんとした親になりたい。 pic.twitter.com/vstCjtIcsy

キラキラネームと学力は相関する (子供には責任はない) ※あくまで林先生の経験値ほかの個人的見解 #初耳学 pic.twitter.com/9AMetKFr89

名前で個性を出そうとする親がつけたキラキラネームについて林先生いい事言っとる #初耳学 #イチロー pic.twitter.com/rXZKY19nJx

キラキラネームと学力は関係あるらしい( 'ω') 間違っても学力関係なしに羽姫芽(ワキガ)とか変な名前付けたらダメだわ( 'ω') pic.twitter.com/fzlHXHZVZq

キラキラネームとの関係性、感覚的には親のはっちゃけ度にもよる気がしてる。考えすぎた結果すごい名前になってたりするような。 とりあえず、変換しやすくて、電話で説明できる漢字にしたほうがいいと思います。

キラキラネームをつけられた子供たちは将来どんなに優秀でも入試とか就活で苦労すると思う

正しいのかは置いといて 親の学力の低さ=子供の教育への投資額の低さ みたいな図式で考えればそりゃまあそうやなって思う キラキラネームつける親の学力が低いのかどうかは置いといて

キラキラネーム、昔は否定的だったけど個人的にはどう読むのか頭を捻るのが楽しいから全然いいなって気になってきた

昨日の林修先生の、 キラキラネームと学力のやつ面白かったし納得したなぁ 確かに。って思うもんね

キラキラネームの件で思うことは、つけられた名前に適応させなくてはいけないと思わせる力が名前にはあるなと

1 2