1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

夜は短し歩けよ乙女も…国際映画祭で注目される日本のアニメ作品

世界に誇れる日本のアニメ映画。国際的に注目を集めるのも頷ける…。

更新日: 2017年09月25日

30 お気に入り 37283 view
お気に入り追加

・「夜は短し歩けよ乙女」がオタワ国際アニメーション映画祭でグランプリ

カナダのオタワ国際アニメーション映画祭で、アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」が長編部門のグランプリを受賞しました。

映画祭長編部門でのグランプリは日本作品、日本人監督としては初の受賞。

湯浅監督は?

「4年前、短編「キックハート」でオタワを訪れたのはとても良い思い出となっています。そんなオタワで賞をいただけるなんて、とても光栄です。おめでとうスタッフの皆さん!キャストの皆さん!」

「さらに多くの人に見てもらえればとてもうれしい! 京都の街を歩く乙女が、世界をも歩いています」と喜びを語った。

・アニメ「夜は短し歩けよ乙女」とは?

本作は第20回山本周五郎賞受賞、並びに2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計150万部を超えるベストセラー、森見登美彦著作「夜は短し歩けよ乙女」(角川文庫刊)のアニメ映画化作品。

アニメ声優として単独初主演の星野は、“黒髪の乙女”にひそかに思いを寄せるも、外堀を埋めるばかりで一向に進展させることができないという、冴えない役を熱演した。

“先輩”の学友で、願いごとがかなうまでパンツをはき替えないというユニークなキャラクター・“パンツ総番長”に、ロバートの秋山竜次(39)が起用されている。

・もちろん、原作の評判も良い

「夜は短し歩けよ乙女」読了 非の打ち所がない感じ 独特な文体もキャラクターも作風を形作ってて面白い。キャラ一人一人に愛着が持てた

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めたー。京都を舞台に個性豊かなキャラ達が走り回るユーモラスな作品。古風で独特な文体がとにかく面白い。「恥を知れ!しかるのち死ね!」

「まことに『万年床』こそ、我が唾棄すべき青春の主戦場であった。」夜は短し歩けよ乙女、読破しました。心地よい文章にテンポよく転がる物語の面白さ、そして甘酸っぱい青春の香り。読もう読もうと思いながらなかなか読まなかった1冊だけど読む価値のある面白い本だった。四畳半神話大系も読もう

今更ながら買ったけど読めずじまいだった夜は短し歩けよ乙女読んでる。まだ一章読み終わっただけだけど、面白いわ。

・湯浅監督は「夜明け告げるルーのうた」でも国際賞を受賞している

6月に行われたアヌシー・アニメーション国際映画祭でオリジナル長編アニメ「夜明け告げるルーのうた」がグランプリにあたるクリスタル賞を日本人としては22年ぶりに受賞した

同映画祭は1960年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門を独立させる形で誕生した、世界で最も歴史のある、世界最大のアニメーション映画祭。

「夜明け告げるルーのうた」は心を閉ざしがちな少年・カイが人魚のルーと出会い、町内でのトラブルを乗り越えながら、仲間とのバンド活動を通して素直な気持ちを取り戻していく物語。

過去に日本作品で長編クリスタル賞を受賞したのは1993年「紅の豚」(宮崎駿監督)と1995年「平成狸合戦ぽんぽこ」(高畑勲監督)のみ。

・東京国際映画祭では『君の名は。』がオールナイト上映される

・君の名は。
・雲のむこう、約束の場所
・星を追う子ども
・秒速5センチメートル
・言の葉の庭

第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)で、新海誠監督作品を一挙上映するオールナイトイベント「WOWOW映画工房300回&『君の名は。』初放送記念 新海誠オールナイト in 東京国際映画祭」が行われることが決定

「君の名は。」をはじめ、初長編「雲のむこう、約束の場所」(04)、オリジナル長編アニメ「星を追う子ども」(11)、今もなお熱狂的な人気を誇る「秒速5センチメートル」(07)、靴職人を目指す高校生と年上の女性の恋を描いた「言の葉の庭」(13)の全5作品を上映する。

映画祭プレミアムスポンサーのWOWOWで、11月4日に「君の名は。」がテレビ初放送されることを記念してのオールナイト上映

上映前の同日午後8時からは同所で、斎藤工と板谷由夏が出演する映画情報番組「映画工房」放送300回記念の公開収録も行われる。

・ローマ国際映画祭では「劇場版マジンガーZ」が世界最速上映される

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew