1. まとめトップ
0 お気に入り 160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

弱虫毛虫さん

仮想通貨

仮想通貨とは、オンラインサービスで経済活動を行うことができる貨幣価値のことである。 仮想通貨は特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものであり、一般的には現金に換算したり他のサービスで使用したりする価値は持たない。 ... 仮想通貨をユーザー間で現金によって取引することは、リアルマネートレード(RMT)と呼ばれる。

代表格 ビットコイン

ビットコインはインターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。

インターネットさえあれば、国境も関係なく世界のどこにいても使うことができるため幅広い使い道があることがメリット。

国境をまたいで送金したいときも、ビットコインを使えば通常の送金よりかなり低コストで済みます。

また誰かに送金する場合も、内戦などで国交が断絶している国には事実上送ることができませんが、ビットコインならできます。

いままで不可能と思われていたことを可能にする、夢の通貨といえるのです。

メリット

☆ビットコインのメリット!海外送金や決済がスムーズ
通常なら手続きが煩雑で、時間がかり、高い手数料を取られる海外送金も、ビットコインならインターネットを通じて「早く、安く、簡単に」完了します。

☆ビットコインのメリット!匿名で集金が可能
ある学生が「HI MOM SEND(お母さん、お金送って)」というメッセージとともに、ビットコインのQRコード(振込先)が書かれたプラカードを掲げたことがきっかけでした。
当の本人は、ただの冗談のつもりだったのですが、この映像がテレビで放送されると、100件以上2万ドル(約220万円)以上のビットコインが送られてきました。

なんと、テレビを見ていた人がこの映像からQRコードを読み取って、ビットコインを送金してくれたというのです。「そんな親切な人いるの?」と信じがたいのですが、これは実際に起きたことです。

仮想通貨で稼ぐには?

1.長期投資

これは安い時に買って高くなるまでずーっと保有しておいて十分に上がったところで売る割りと期間が長めの方法です。

取引所と呼ばれるところで取扱いがある数種類の通貨のどれを選ぶか?がポイントですね!



2.短期トレード

仮想通貨は一般的に値動きが激しいと言われています。ということは買って利益がある程度出たら売るというトレードを繰り返す方法も有効ですね。

取引所によってトレードに必要な手数料やトレードのルールが違うので自分のスタイルに合う取引所選びがポイントですね!

ビットコインを生み出す採掘

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

ビットコイン以外の仮想通貨

リップル(Ripple)

ライトコイン(Litecoin)

モナーコイン(MonaCoin)

イーサリアム(イーサー)

MONERO

XEM

IOTA

BitSharesビットシェアーズ

これから仮想通貨参入でも稼げるのか?

今年のゴールデンウィーク頃にプチ仮想通貨バブル的なことが起こりました。

そして、そこで多くの新規参入者が入ってきた仮想通貨。

仮想通貨は稼げる?!なんて、多くの方が思ったと思います。

しかし、6、7月にはビットコインの分裂問題で価格が暴落。

5月以降に入ってきた参入者は稼げないと思い、出て行った方が多いと思います。

しかし、仮想通貨市場の成熟度はまだまだ初期段階



市場規模はまだまだ成長すると見込まれます。

スマホ(iphone)が流行ると10年前は思っていましたか?

電子タバコ(アイコス)が流行ると3年前は思っていましたか?

Suica、電子レンジ、様々なモノが今では日常に溢れています。

こんなものは流行らない、健康に悪い、美味しくない、使いにくい、そもそも使い方が分からない。

社会全体に広まるのには全て時間がかかります。

しかし、広まってからでは価値はそんなにありません。



仮想通貨も10年後はおじいちゃんが家で通販の決済で使っているかも?!

分裂問題も8月以降には落ちついて、また新規参入社が入ってくるかもしれません。

今のうちが仕込み時期です。

1