1. まとめトップ

スカーレットもファーギーも…破局が明らかになったセレブたち

ハリウッドでは共同親権が一般的だが、今回は単独親権を巡り泥沼化する離婚が多くみられる。

更新日: 2017年09月26日

0 お気に入り 8459 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

verynu2さん

ファーギーと俳優ジョシュ・デュアメルが別離したことを発表した

2人は2004年から交際を始め、2009年1月に結婚。2013年に長男アクセル・ジャック君が誕生した。

「今年最も世間を驚かせたハリウッドカップルの破局」だと話題騒然となっている

『People』誌によると、2人は、「私たちは愛と敬意の念を持ちつつ、夫婦としては別れることを決めました」との共同声明を発表したという。

数ヶ月前に別離していたが、家族が順応する時間を持ちたかったため、公表を控えていたそうだ。

「私たちはいまもこれからもずっと、お互いそして家族を支援するために団結します」とも綴っている。

長男の親権を巡り、泥沼化か

「RadarOnline.com」は20日、2人が4歳の息子の親権をめぐって真っ向から戦う構えでいると報道。

ファーギーは単独親権を求めているが、ジョシュは共同親権は譲れないとしている。

なお、今回2人はまだどちらも離婚は申請していない。事前に親権などの取り決めを行い、申請後は短期間で離婚を成立させることを狙っているからだと見られている。

「時間がたつにつれ2人の関係は悪化しており、難しいようだ」という情報筋の話を伝えた。

スカーレット・ヨハンソン、離婚が成立

今年1月に破局を発表、3月に離婚を申請していたスカーレット・ヨハンソンとアートジャーナリストのロマン・デュリアック。正式に離婚が成立した。

今年3月に正式に離婚を申請したときスカーレットは主要な養育権を請求。

一方デュリアックはスカーレットが子育てするには多忙すぎるとして「フランスに娘を連れて行って育てたい」と主張。

親権争いが泥沼化していると報じられていた。

「私たちはこれからも親しい友達として関係を続け、愛情と思いやりに満ちた環境で娘を育てていくことに一緒に取り組む」とコメントしている。

どうやら共同で養育していくことで折り合いがついたもよう。

レイチェル・ビルソンとヘイデン・クリステンセンが破局

交際10年になる俳優ヘイデン・クリステンセンと女優レイチェル・ビルソンが、破局したことが明らかになった。

米アス誌によれば、2人の関係は数カ月前から悪化していて、現在クリステンセンはトロントに、ビルソンはロサンゼルスに住んでおり、破局は決定的だという。

ともに36歳のクリステンセンとビルソンは、2007年にSFアクション映画「ジャンパー」で共演したことをきっかけに交際。

08年12月に婚約後、10年8月に破局したが3カ月後に復縁した。14年10月には、第1子となる長女ブライア・ローズが誕生している。

1