1. まとめトップ

監督がのけものに?けものフレンズのたつき監督降板にファン騒然

テレビアニメ「けものフレンズ」を手掛けたたつき監督が予定されている第二期の製作から外れることが明らかになりました。これはたつき監督本人がツイッター上で表明したもので、突然の情報にファンの間には衝撃が広がっているようです。また、降板の原因はKADOKAWAにあるとした炎上騒動も起きています。

更新日: 2017年09月26日

0 お気に入り 4227 view
お気に入り追加

アニメ「けものフレンズ」を手掛けたたつき監督が衝撃のツイート

アニメ「けものフレンズ」を手掛けたたつき監督が第二期の製作から外れるという発表がありました。たつき監督自らツイッター上でその事実を明らかにしたことからファンの間には衝撃が広がっています。本アニメのOP曲には「けものはいてものけものはいない」という一節がありますが、ファンたちはたつき監督がKADOKAWAによって"のけもの"にされたと激高している様子。まさに「ドッタンバッタン大騒ぎ」と言うべき状況になってしまっているようです。いまだKADOKAWAからの公式な声明はありませんが、騒動は今も広がり続けているようです。

アニメ版「けものフレンズ」を手掛けたたつき監督がTwitterで、「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました」とツイートし、ファンの間に衝撃が広がっています

たつき監督のツイートはつぶやきから3時間余りで24万以上リツイートされ、「たつき監督」はTwitterのワールドトレンド1位に。ファンに与えたショックの大きさが数字に表れています。

アニメ第2期の放送も期待されていただけに、ファンはネット上で悲鳴を上げている。

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です

問題となっているたつき監督のツイート

この突然の声明にファンの間には衝撃が広がっている

たつき監督のたった1ツイートでTwitterからニコ動、掲示板まで日本中が大混乱になり、飛び火して海外のTwitterや掲示板まで大混乱で情報社会での世紀末感ある

@irodori7 2期は見ないで抵抗する!たつき監督あってのけもフレだから…くたばれ商業主義!

たつき監督の降板騒動が起きてる時のファンをサーバルキャットでわかりやすく伝える 1枚目 騒動前 2枚目 騒動後 pic.twitter.com/Xd6AVx2yK6

けものフレンズ 262こめ サーバル  たつき監督をかえしてほしいときに投げつけてください('ᾥ') (ひらくとほかのも…みてるばあいじゃないよ!!) pic.twitter.com/ZLKD5h4E4u

今話題のアニメ「けものフレンズ」とは何か?

「けものフレンズ」はけものフレンズプロジェクトによる日本のメディアミックス作品であり、アニメ版である『けものフレンズ』は本年1月から3月にかけて放送されたものである。「フレンズ」あるいは「アニマルガールと呼ばれる」少女化された野生動物たちが集まる架空の動物園「ジャパリパーク」を舞台にした物語が展開される。

当初はそれほど注目される作品ではなかったが、現実の社会にあふれている差別や貧困といった問題とは無縁の優しい社会で繰り広げられる物語にひきつけられる人は多く、口コミを中心に人気を広げていった。

『けものフレンズ』は、けものフレンズプロジェクトによる『けものフレンズ』を原作とするテレビアニメ作品。

2015年にスマートフォン用ゲームアプリが先行コンテンツとしてリリースされ、続いて『月刊少年エース』にて漫画版が連載開始、2016年にはテレビアニメ化が発表され、2017年1月より『けものフレンズ』が放映された

「フレンズ」と呼ばれる少女たちが暮らすサファリパーク型動物園「ジャパリパーク」を舞台に、パークに迷い込んだ少女の正体や仲間がいる場所を知るための冒険と旅を描く

社会現象ともいえるブームを巻き起こし各種コラボも次々実現

口コミで人気を広げていき、登場キャラクターによるユニットがテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演

もともと深夜帯の放送だったにも関わらず、テレビ東京系で早朝放送されている子供向けバラエティー「おはスタ」で再放送されて子供からも人気を獲得

社会現象とも言えるヒットを飛ばし、各地の動物園や企業とも盛んにコラボを実施している。

アニメのヒットはたつき監督の手腕によるところが大きかったという

現在の「けもフレ」人気を作ったのは間違いなくたつき監督である。

とはいえ、おさえておかなければならない事実として、「けものフレンズ」は吉崎観音氏デザインのキャラクターを用いたKADOKAWAによるプロジェクトであり、たつき監督が手掛けたアニメ版はメディアミックス展開のひとつに過ぎないという点がある。

アニメ版けものフレンズが大ヒットした事については、ひとえに監督のたつき氏の功績であるとする風潮があった。

というのも、アニメより先行していたアプリ版もアニメ放送を待たずサービス終了してしまう程消えてしまいそうなコンテンツだったけものフレンズを、躍進させたのは紛れもなくアニメ版の影響

その細かな描写や作品の穏やかな雰囲気を形作る脚本からフレンズのモデリングまでの大部分を制作したのが他でもないたつき監督だからからである。

またヒットした背景には、社会が殺伐とする中で一種の「癒し」をこのアニメによって得たからという論評が多数派である。

自ら最終話を補完する12.1話を投稿するなどサービス精神旺盛なたつき監督にはファンが多かった

自ら12.1話を投稿するなどのサービスるぶりを披露していたたつき監督

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。