1. まとめトップ

超高齢化社会を迎えている日本。
それに伴い、介護士の人材不足による業務時間の問題や、介護事故、介護ミスの問題が取り上げられるようになりました。
そんな介護業界の問題の1つである人材不足を解決する方法としてIoTを活用する介護施設が増えてきています。

IoTって何?

IoTとは、身の回りにある、あらゆる「モノ」がネットに接続され、情報をやり取りすることで新しい価値を生み出すという概念

モノに対し各種センサーを付けてその状態をインターネットを介しモニターしたり、インターネットを介しモノをコントロールしたりすることにより安全で快適な生活を実現しようとしています。

人が操作してインターネットにつなぐだけ ではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることがIoTの特徴です。

IoTと介護業界

モノをインターネットにつなげるIoTを使うことで介護業務の効率化ができるのではないか?
そこで、今年はじめに介護施設と連携し、施設一棟をまるごとセンサーで計測する実験に取り組みました。

IoTを導入した施設

「熟睡している」「ベッドの上で体を起こしている」などの様子も分かるので、スタッフは精神的にも余裕を持って対処ができる。また、入居者の様子を正確に把握できるので、対応が後手に回ることなく行えるようになったという。ちなみにアズハイム町田では、夜間の転倒事故がシステム導入前の半分程度に減少するなどの効果につながっているそうだ。

IoT化したベッドでの見守りサービスもあります。マットレスの下などに設置し、寝起きを管理するのです。
朝になっても、長時間起きてこないなどの異変時にはスマートフォンに通知が飛び、ただちに家族が駆けつけられるようになっています。
IoTは特に見守り分野と相性がよく、高齢者の生活を邪魔しない形で、自然に見守りできるようなIoT製品がどんどん登場しています。

介護施設でのIoT事例① Pepperくん

介護士さんから話を伺うと、入居者さんとのコミュニケーションに悩みを抱えていることが分かりました。作業が忙しいと、入所者さんから話しかけられても、話相手になってあげられないことを申し訳ないなと思いながら仕事をしているそうです。それを聞いて、話相手になるようなロボットを開発してみようと考えるようになりました。

もりのさと大野芝さまは、大阪府堺市中区にある、住宅型有料老人ホームです。

こちらのホームには、施設内にペッパーくんが常駐しています。

入居者さまとお話をしたり、ダンスを踊ってくれたりする人気者です。

お伺いした際には、実際に「あたりまえ体操」を見せてくれました。

介護現場の人材不足問題など将来を見据え、ロボットの有効活用を考える先駆法人は、「職員の負担軽減に役立つ」「アプリの充実が必要」などの評価・課題をメーカーに発信するなど、モニター役として大きな役割を果たしている。

マイクやセンサーを使って人の感情を読み取って会話し、感情までも表現するペッパーくんとの触れ合いは、施設を和ませているだけでなく、ペッパーくん目当てとはいえ地域の小学生が遊びに来ることにつながり、利用高齢者に喜ばれています。

介護施設でのIoT事例② 見守りシステム

近年、センサー技術を用いた高齢者見守りシステムが相次いで登場しています。その特色や仕組みは製品によって様々で、介護サービス事業者が安全性の確保や職員の負担軽減を目的に導入するケースも出てきました。

「ヘルスコア®/施設向け見守りシステム」は、東芝情報システム株式会社が開発・提供する医療機関・介護施設向けシステムです。 医療機関・介護施設における患者・入居者の転倒・転落防止をアシストします。
本システムは、ベッドから転落する前に検知できる離床センサーを利用し、看護師・介護士に患者・入居者の異常を即時通知します。

アイリスおおいた様では、ベッドからの転倒・転落などのインシデントが大きな課題となっていました。 この課題を解決するため、2013年3月に東芝情報システムの「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」(以下、「見守りシステム」)を導入されました。

「見守りシステム」は、センサーが反応したときにスマートフォンで状態を確認することができ、次のことを支援します。

ICT見守りシステムはベッドセンサーや人感センサーによる入居者の情報と、室内温度などの環境計測データを収集し、分析する。介護スタッフはこれらの情報をパソコンやスマートフォンで確認しながら、入居者の様子を見守ることができる。

入居者の起床や離床などの状況がわかるので、転倒などによるケガや事故の防止につながる。

また、睡眠状況も管理するため、例えば昼寝の時間が長く、夜間に徘徊(はいかい)してしまうといったケースでは、夜にぐっすりと眠れるように昼間の運動量を増やすなど、一人ひとりの状況に合わせた生活習慣の改善が図れるメリットもある。

1 2





isoakiraさん