1. まとめトップ

【実は身近な存在】あなたの人生を壊す「危険文書」の見分け方

このまとめでは、「危険文書」の特徴とその文書を見分ける方法を紹介しています。インターネットやアフィリエイトが普及している現在、この「危険文書」に遭遇する危険性が高いのが事実です。あなたも「危険文書」を見ないように気をつけましょう。

更新日: 2017年10月22日

3 お気に入り 1115 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RichardGongさん

あなたは「危険文書」の存在を知っていますか?

「いいえ」の方々へ: すぐにこのまとめをお読みください。

1. 背景 - 危険文書の出現

「犯人は心理学に精通しており、思春期の少年少女を巧み操っている。少女には自分が“太っている”と信じ込ませ、少年には自分が“負け犬”だと信じ込ませる。そこで、この世界とは違う世界があると教え、彼らは別世界に行くことができる選ばれた人間だと納得させる」と、ロシア紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」が報じている。

ゲームは、何者かがインターネット上で参加者に自殺するよう指示しているとみられており、ニューデリー高裁がFacebookやGoogleなどに対策を求めている。

現状は、被害者が多数出た後に行政機関が被害の防止に努めている。

2. 検知の方法

「危険文書」を検知するためには、その特徴を把握することが必要です。この後に「危険文書」の特徴を記載します。

「危険文書」の特徴

特徴1: 低次の欲求を侵害する表記、または低次の欲求の侵害を推奨する表記を含む。

第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)。この欲求がある程度満たされると次の階層「安全欲求」を求めるようになります。

第二階層の「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。

この「安全欲求」が満たされると、次の階層である「社会的欲求(帰属欲求)」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めるようにます。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなると言われます。

ここまでの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)で、これ以降は内的な心を満たしたいという欲求(高次の欲求)に変わります。

より低次の欲求が侵害されることほど、被害は大きいです。

特に「生理的欲求」は人が生きるために一番必要な欲求です。この「生理的欲求」を侵害するような文書は「危険文書」と言えるでしょう。

特徴2: 社会にとって不利益になるような行為を推奨する。

想像してください。社会にとっていいこと/悪いこととは何でしょうか?
正直、回答はとても難しいです。人がある行動をとるとき、必ずいい影響と悪い影響が発生します。

人がとり得る行動全ての中で、「危険文書」が対象とするのは、次の2つの行動です。「危険文書」はこの2つの行動を推奨します。

①人に危害を加える行動

②人と人との良好な関係を壊す行動

「1. 背景」の「Blue Whale」は、将来を担う若者をターゲットにして自殺に追い込む点(①の行動)で「危険文書」に該当すると言えると思います。

3. 「危険文書」を排除する方法

方法1: 政府からは独立した組織を作り、「危険文書」を検知して削除または非表示にする。

政府が「危険文書」を排除するための組織を設立する場合、検閲を行う可能性が発生します。この場合、危険ではないにも関わらず、「政権に反する」という理由で文書が排除される恐れがあるのです。そのため、民間によって設立された団体によって「危険文書」を排除する方が安全です。

1 2