敵に触れてもミスにならない。雑魚戦はもちろんボス戦でもミスにならない。得点が半分になるなどのペナルティも一切なし。肩書きは一応「地理学習ゲーム」であって「アクション」ではないため別にいいのかもしれないが、せめて何かしらペナルティを入れておくべきだったのではないだろうか。
北京や東京など、世界の各都市を回るのだが、元になった都市の再現度は皆無。
出題されるクイズを間違えてもペナルティ無し。そのため英語が分からなくても適当に答えていればいつかはクリアできる。「適当にやってもクリアできる」というのは学習ゲームとしてどうなのだろうか *2 。
そしてクイズの内容も微妙に意味が分からなかったり、納得できないものもあったりする。これで何を学べばよいのだろうか。
都市に入って敵を倒して名産品を取り戻し、名産品を元の場所に戻し、クイズに正解し、また別の都市へ……完全に作業ゲー。

出典Mario is Missing! - ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~ - アットウィキ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

闇が深い!?マリオの黒歴史・ブラックユーモアの数々【都市伝説・小ネタなど】

”黒い任天堂”なるマリオの闇の深いものから小ネタまで、様々なマリオに関する事項についてまとめました。

このまとめを見る