1. まとめトップ

薄毛に効果のあるaga治療の特徴や詳細を改めて確認しよう

発毛や育毛のの効果が期待できるaga治療に関する情報をお伝えします。

更新日: 2017年09月27日

0 お気に入り 227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aga治療に関する基本的な情報を確認しよう

少しでも不安を解消するためにaga治療に関するお役立ち情報を確認しておきましょう。そもそもどんな治療なのか、その流れも合わせてお話します。

AGA治療は、 皮膚にメスを入れない治療(内科的治療・保存的治療)になります。
体内のホルモンやサイトカイン(生理活性物質)のバランスを整える薬剤を内服したり、外用薬を塗布したりして治療を行います。

薄毛治療として広く知られてきたaga治療とは、メスを使った外的治療ではなく、内科的治療や保存的治療を行う治療法です。内科的治療とは、体の中で崩れているホルモンバランスや、サイトカインなど整える薬剤を服用することで症状の改善を促します。そのほか頭皮に直接外用薬を塗ることも治療の一環として取り入れられています。

当院では、AGA治療・発毛治療をご検討中の方、また、詳しい内容を知りたい方のために専門カウンセラーによる治療内容の説明と無料カウンセリングを行っております。
AGA治療・発毛治療の内容について十分ご理解ご納得頂いた上で、治療に専念して頂けますよう心掛けております。

治療に入る前に、治療内容の説明やカウンセリングを行っているクリニックなら、安心して治療を受けられます。治療内容をきちんと把握した上で治療に専念できるよう、事前にAGA治療や発毛治療に関する情報を得てからクリニックを選ぶようにしましょう。

やぱり気になるaga治療のお金のこと

薄毛や抜け毛は病気ではないから保険が適用されないかも?そんな心配事を今すぐ解消させて不安をなくしましょう。

AGAの治療に保険を使いたいと考えている方もいるかもしれませんが、残念ながらAGAの治療に健康保険は適用されていません。

確かに病気ではないのでaga治療にかかる費用が保険の対象外になることは納得ではないでしょうか。なぜ保険が適用されないのかというと、治療内容に理由がありました。飲むタイプのaga治療薬、塗るタイプのaga治療薬、そのほか発毛治療や自毛植毛などの治療は、いくら効果があったとしても厚生労働省が定めている医療保険適用治療に該当しないのです。

プロぺシアの相場は約1ヵ月分(28錠)で7,000円~10,000円ぐらいになり、主にAGA治療というとプロぺシアで治療をすることが一般的です。また後発医薬品であるジェネリックのエフぺシア、フィンペシア、フィンカー、フィナロ、フィナバルド等で治療を行えば、約2,000円以下で薬を購入することが可能です。

薄毛治療に効果のあるaga治療は、その治療内容によって治療費の金額に違いが生じます。一般的に治療の一環として使われている薬はプロペシアです。そのほか後発医薬品であれば、エフペシア、フィンカー、フィナバルド、フィンペシア、フィナロなどが一般的です。先発医薬品に比べると安い値段で購入できるので、長く治療を続ける場合は後発医薬品を選択するといいでしょう。

少しでも治療費を抑えたいときの味方とは

治療費を抑えるためのコツをご紹介します。治療費の心配をせず、安心して治療を続けていくためにも知っておきたい情報です。

自由診療の扱いとなり、全て実費での支払いとなります。そのためAGA治療が長引けば長引くほど、AGA治療費の負担が大きくなっていきます。
(中略)
プロペシアのジェネリック医薬品として比較的早く登場したのがファイザー社のフィナステリド錠です。 このファイザー社のフィナステリド錠は、プロペシアと基本的に成分は同じものだと確認されています。

aga治療に効果のある治療は自由診療という扱いにあるため、治療に通い続ければそれだけ治療費も薬代もかかります。そこで頼りになるのが後発医薬品のジェネリック医薬品なのです。

特にaga治療に効果があると言われるプロペシアのジェネリック医薬品はフィナステリドです。含まれている添加物に多少の違いはあるものの、含まれている主成分は同じなので服用することで同じ効果を得ることが可能となります。

AGA治療を行う際、価格だけで比較すると一番安くなるのは通販で購入した薬で治療する場合です。相場価格は1ヵ月8,000円~15,000円と言われていて、その理由としては医者を介さない為、診察代をかけなくて済むことが挙げられます。

aga治療に効果的な医薬品を少しでも安く手にするために、中には通販を使って購入する方も少なくありません。処方箋がなくても簡単に購入できるので便利ですが、医師による専門的な診察を受けずに購入できるため、はじめて服用する方は先に病院で診察を受けて、自分の体に合うかどうか専門医に判断してもらう必要があるでしょう。

専門病院と一般病院の違いとは

自分の体のことですから、少しでも効果の高い治療を受けたいと思うのは当たり前のことでしょう。専門病院と一般病院で受けられるaga治療の違いについてまとめました。

【専門病院】
● メリット

検査、診察、効果判定など時間の経過とともに自分の発毛が把握できる
AGA治療の処方が多数あるため自分に適した治療を行ってもらえる
専門的にAGA治療をしているので安心して治療に臨める
各種割り引きや、無料カウンセリングがある

aga治療の専門病院のメリットは、はじめて診察を受けたときから毎回治療を受けたその様子を病院側だけでなく自分自身でも確認できます。検査の結果はもちろんのこと、診察や薄毛や抜け毛の判定なども細かくチェックできるのです。

専門病院なので、aga専門の治療を受けることが可能で、なおかつ自分自身に合った治療を受けることが出来ます。無料カウセリングもありますし、割引もあるのでお得に治療を継続できるのも魅力のひとつでしょう。

【一般病院】
● メリット

治療薬が決まっているので費用が安い
病院に来院する間隔が長い

自宅や職場から近い一般病院の場合、初めから治療薬が決まっているので治療を続けても治療費を安く抑えることが出来ます。しかし、aga専門的な診察、治療ではないので自分の症状に合った治療を受けることが困難です。治療費が安く通いやすいというメリットと比べても、どうしてもデメリットが心配になるので、できれば専門病院で治療を受けることをオススメします。

まとめ

aga治療は薄毛治療の最先端です。その理由は、患者1人ひとりがなぜ薄毛になってしまったのか、抜け毛が増えているのか原因をしっかり突き止めて、専門治療を行うことで効果を体感できるというメリットがあります。1人ひとり体質が違うわけですから、一辺倒に同じ治療を受けても効果はバラバラです。

専門医療と一般の病院を使い分けたいのであれば、現状より抜け毛を減らして髪の毛を発毛させたいというのであれば専門医療へ、現状の状態に満足しているけれど将来が心配という場合は一般病院でも治療は治療の対応を受け入れてもらえます。長く治療を続けていきたいけれどお財布が厳しいという場合は、担当医や薬局の担当者にジェネリック薬品の話を相談してみましょう。

参考サイト

1