1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

アプデしてみてどうだった?!…新MacOS「High Sierra」の実力

Appleは9月26日最新macOS「High Sierra」の配信を開始しました。ユーザーにより続々とアップデートが完了して、使い勝手の感想が寄せられています。

更新日: 2017年09月27日

45 お気に入り 40395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・Appleは9月26日「High Sierra」の配信を開始

事前予告通り、Appleは9月26日、最新macOS「High Sierra」の配信を開始した。

2009年のSnow Leopardが有料であったのに対して、High Sierraのダウンロードは無料

・「High Sierra」の主な機能

・HEVC/H.265をOSレベルで
・API「Metal 2」の採用
・VRコンテンツ制作への対応
・付属アプリの機能改善やパフォーマンス向上

MPEG-4 AVC/H.264と比べて最大40%高い圧縮効率を実現しながら、ストリーミング映像や4K動画を品質を損なわずに再生できるとする。

新グラフィックスAPI「Metal 2」の採用とVRコンテンツ制作への対応

これにあわせて、写真やSafariなど付属アプリの機能改善やパフォーマンス向上も行われている。

・そして最大の特徴は「ファイルシステムの刷新」

UIなど見た目の部分にもいくつか変更点はあるものの、最も大きな改善は標準のファイルシステムがHFS+からApple File System(APFS)に変更されているところ。

ファイル・システムの実質的改良としてここ30年で初めてのものだというだという点は特に注目

APFSは、iPhoneなどではiOS 10.3から採用されているファイルフォーマットで、フラッシュストレージに最適化されています(HDDやFusion Driveは従来どおりHFS+)。

ファイルシステムの一新はカジュアルなユーザーの目には触れにくいが、向こう何年にもわたってMacのパフォーマンスに重要な影響を与える

・Twitterでもファイルシステムについての感想が多い

macOS High Sierra。やっとインストrール。特に変わったことはないけど、ファイルのコピペ。容量計算が異常に早い。その他は明日でも確認しようかな。

自分のMacもmacOS High Sierraにした.ファイルシステムも更新されるのに,ファイルを退避してフォーマットし直してまたファイルを戻してってしなくていいのは,とても良いね.ていうかイマドキってこういうもんなんかな? pic.twitter.com/4jGBWdEaIf

High Sierra、数十GBのファイル複製が一瞬で終わる。笑ってしまう。エイリアス作った感じだな。コピーしたファイルを変更しても、変更ブロックのみ追加される仕組みらしい。完全な差分管理か。

macOS High Sierraアプデ成功無事生還。ファイルシステムの恩恵はわからんけどやっとのプレビュータブ化は地味に便利ー

・確かにファイルコピーの高速化は新OSの売りの一つ

ギガバイトクラスのファイルを同一ボリューム上で複数同時にコピーしても瞬く間に終了するのに驚く

APFSを採用することで、ユーザーに意識させることなく無駄な書き込みや書き換えを減らせる

・さらに地味に嬉しいのは日本語の入力作業の向上

1 2