1. まとめトップ

期間従業員のお仕事を求めている方へのオススメ仕事まとめ

派遣社員や期間従業員、契約社員など短期のお仕事まとめです。

更新日: 2017年10月13日

rikainohe626さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 63 view
お気に入り追加

短期社員って何?どういうことをするの?

最近どんどん勢力を伸ばしている短期社員という存在。もしかしたらあなたの会社にもすでに配属されているのかもしれません。一体どんなことをしているのでしょうか?

一言で言えば、派遣社員というのは派遣先企業ではなく、いわゆる人材派遣会社と雇用関係があるということです。人材派遣会社で派遣社員として働いているのです。

これに対し、派遣社員は「有期雇用」でも「無期雇用」でもありません。なぜなら、派遣社員はあくまでも派遣会社の社員であって自社の社員ではなく、契約も派遣社員本人とではなく、会社同士が期間を決めて契約しているのであって、強いていえば「有期外注契約」とでもいうものになっているのです。

例えば派遣契約の途中でも派遣された方が仕事に適性がないと判断したら、契約している会社は即座に派遣会社に派遣社員の入れ替えを申し出ることができます。

派遣社員というものは正確には社員ではないので、しっかり仕事が出来ないと思われた場合には仕事を辞めさせられることもあります。派遣社員になるには、会社とは違い自分の実力がなければやっていけないのでその点は注意が必要です。

派遣社員のメリットってなに?

上記の内容を読むと、派遣社員には長所をあまり見いだせない人も多いかと思います。しかし、派遣社員は例年増加しています。一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

教育コストをかけずに部分的な業務をこなしてもらうというスタンスのため、時給などの単価が上がるのです。

登録型派遣では、同一の派遣先に最大3年間就業することができます。(2017年2月現在)
いきなり半年や1年、という期間で契約するのではなく、最初は1か月、その後3か月、6か月……と伸ばされるのが一般的。

また、他にも自分の得意分野やキャリアを活かした業務に就ける・働きたい期間や時間帯を決めて仕事を探せる・パートやアルバイトとして働くよりも給与水準が高い・組織のしがらみや人間関係などに縛られにくい・紹介予定派遣を利用すれば、正規雇用への道も開ける、などのメリットもありあます。

派遣社員はデメリットしかない、と考えられがちです。しかし、さまざまな職場を体験できたり、給与が高かったりなどと派遣にしかないメリットも少なくありません。また、さまざまな職業を体験してゆく中で自分にとってピッタリの仕事が見つかることもあります。

派遣社員ってどのような種類があるの?

派遣社員になろう!と思って検索をかけてみると膨大な量の種類があることに気がつくでしょう。いったいどのような種類があるのでしょうか?

一般派遣は、正社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が結ばれる雇用形態です。

紹介予定派遣とは、派遣スタッフと派遣先企業が合意の場合、正社員(または契約社員)なることができる形態です。

派遣スタッフとして働く期間は最長で6カ月と定められています。一般的には3カ月が多いようですが、中には1カ月というケースも。社員の採用手段の一つとして積極的に利用する企業も増えていますが、派遣先に直接雇用される際には、正社員だけでなく、契約社員、その他の雇用形態となることもあります。お仕事の紹介時に、契約終了後の雇用形態について聞けますので、必ず確認しておきましょう。

派遣社員は二種類あり、一般派遣社員と紹介予定派遣社員があります。前者は派遣スタッフと会社との取引であり会社が契約した期間しか働けないのに対して後者はそのまま正社員となることが可能です。自分が気に行った職場などがあれば、紹介予定派遣社員として登録した方が良いかもしれません。

派遣社員にはどこから申し込めばいいの?

いざ、「自分も派遣社員をやろう!」と思い立ち、ネットで調べてみるとその時膨大な申し込みサイトがあることに気づくでしょう。いったいどのサイトなら効率よく、いい仕事につけるのでしょうか?

派遣の仕事をするには、派遣会社に自分の希望とプロフィールを登録する必要がありますが、それを行うのが「登録会」と呼ばれる場です。どの会社も無料で実施しており、中には土日や夜間でも開催しているものもあります。

期間従業員は給与や慰労金に満了金・・・様々な待遇がある中、ほかの働き方に比べ、
貯金をしやすく、煩わしい人間関係もなく、自由に使える時間も多くあります。

なかでも「日研トータルソーシング」は有名な大手で、サポートが厚いことでも有名です。

期間従業員をはじめ、効率的に稼げ、正社員と要のチャンスもあるおススメのお仕事はe仕事にお任せください。

多くの派遣会社では、スキルに不安をお持ちの人や、さらなるスキルアップを目指す人に向けた各種研修プログラムを用意しています。お仕事開始後もさまざまな形でサポートを受けられますので、気軽に臨んでください。

どこに応募したらいいか分からない、どうしたらいいかわからない・・・などの理由で最初の一歩を踏み出すことに躊躇している方はまずは「e仕事」に登録することをおすすめします。老若男女全員にぴったりの仕事を見つけてくれるはずです。

まとめ

世間では派遣社員や期間従業員はデメリットが多い、と言われがちですが実際はそうではありません。どちらかと言えば社員の教育コストがかからない分派遣社員の方が給料が高い場合が多いです。

また、紹介予定派遣社員として働くことを選べばそのまま正社員になることだって夢ではありません。しかし、派遣社員は正社員とは違い、自分の実力が給料にそのまま影響しやすいので自分が「この分野なら他人には負けない!」というようなものを一つ、持っておいた方がいいと思われます。

また、初めての方はどこに期間従業員の登録をしていいか分からない、どこに相談すればいいかわからない・・・などと言った悩みがあると思います。そのような時は、是非「e仕事」に登録することをお勧めします。手厚いサポートとサービスで、あなたにピッタリの仕事を見つけてくれます。

参考サイト

1 2





rikainohe626さん