1. まとめトップ

【2018年】オススメPCDJコントローラー / 初心者向けDJ機材の選び方

いまからPCDJを始めたい初心者から、ちゃんとした機材に乗り換えたい/フラッグシップモデルへ移行したい中級者向けに、DJコントローラーの選び方についてまとめてみました。

更新日: 2018年12月07日

0 お気に入り 4965 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

高校生からアナログレコードでDJをはじめ、DJ歴ははや10年超え。7年ほど前からPCDJソフト「Traktor」のDVS機能を使ってターンテーブル(アナログレコード)を併用したPCDJスタイルへ移行。イベント予定なんか無いのに、いまだにBeatportで新譜チェックしたりしてます。

naka_changさん

PCDJはコントローラーが命

ちゃんとしたPCDJコントローラーがあると、お部屋DJだけって方でもパフォーマンスに幅が出て楽しいし、イベントでやるにしても華やかでカッコいいですね。

現在では様々なモデルが販売されており設置場所も取らず持ち運びも簡単、価格を抑えたモデルも増えてきましたので予算を抑えて始めたいという方の導入が増えています。

また、パソコンやMACだけでなくスマホやタブレットでappleに代表するiPhoneやiPadのiOSと更には AndroidでDJプレイを楽しめる機材も多くで始め誰でも気軽にDJを始める事が出来るようになりました。

プレイジャンルによってお薦めの機材、ソフトの選ぶポイントが変わってきます。

ポイント① 対応ソフト

対応させたいPCDJソフトから選んだほうが◎

ついつい機材から選びたいところですが、DJコントローラーは対応するソフトがものによって全く違うので、PCDJを始める際には、DJソフト(アプリ)から検討して、対応するコントローラーを探していくと良いです。

ポイント② 価格から選ぶと大抵失敗するので注意

まずは価格帯から検討したい・・・というところですが、ちょっとちゃんとした機材でDJがやりたいなあという方や、中級者の方には価格から選ぶのはあんまりオススメできません。

今まで100万以上機材にお金をかけた身として言いたいことは、安い機材は現場で使えるようなものが少ない。「まずは安い機材を買って、後々良い機材を買う」という意見もありますが、全くオススメできません。

ポイント③ ジョグダイヤルの有無

DJといえばターンテーブルを「スクラッチ」すると思っている方は多いですが、実は不要な場合もあります。

S4とS5の大きな違いとしては、「ジョグダイヤルが無い」こと。

「DJならスクラッチをするためにジョグダイヤルは必須だろ」と思っている方は多いかもしれませんが、正直HOUSEやTECHNOなどのダンスミュージックであれば、ビートシンク機能を使えるのであんまりニーズがありません。

その代わりに、狙ったタイミングに音を合わせるホットキューや、Traktor独自の機能であるRemixDeck、STEMSといった機能向けのパッドが豊富。

TraktorのDJコントローラー「Kontrol S8」はジョグダイヤルがありません。

ポイント④ 次に購入する機材との連携・拡張性

コントローラーを1台買ってとりあえずDJがやりたい!ということであれば、1台で充分。ただし、今後いろんな機材を買い足していきたい、お金をためて良いミキサーにしたい、という方にはミキサー部分の無いコントローラーを購入するのも手です。

海外のイベントスペースでは、スペース的な余地に恵まれている、DJコントローラーに理解があるといった理由で TRAKTOR KONTROL S5 / S8 を持ち込む事は比較的容易ですが、日本では大型クラブであっても未だにDJコントローラーに対する理解が薄ように思います。

ところで、クラブデビューを目指すなら、大きな一体型コントローラーは避けたほうが無難です。というのも、フェス会場ならともかく、一般的なクラブのDJブースはそんなに広くなく、横幅1mを超える機材を置くスペースなんて、そうそうありません。

ポイント⑤ DJスタイル

ミックスをやりたいのか、スクラッチをやりたいのか、また音楽んジャンルはHIPHOPなのかTECHNOなのかによって、PCDJソフトもシェアが大きく違います。

また機材のセットアップも変わってくるため、やりたいジャンルがどのようなセットアップでDJをやっているかは、あらかじめ調べておいたほうが無難。

おすすめリンク

1 2