1. まとめトップ

名城大学の偏差値や入りやすい学部は?倍率と合格最低点、ボーダーラインとキャンパスの評判や立地条件は?

名城大学の偏差値や難易度はどうなっているのか?入りやすい学部はどこか?倍率や合格最低点、センター利用入試のボーダーラインやキャンパスの立地条件の学生の評判や口コミ、就職実績や就職支援について書いてみました。

更新日: 2017年10月13日

0 お気に入り 1060 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

名城大学の偏差値は?

外国語学部53~58
法学部53~59
経済学部52~59
経営学部52~58
都市情報学部49~52
人間学部49~53
理工学部54~61
薬学部61~64
農学部58~62

※掲載している偏差値は、2017年度進研模試3年生・高卒生7月記述のB判定値(合格可能性60%)の偏差値です。
※B判定値は、過去の入試結果等からベネッセが予想したものであり、各学校の教育内容、社会的地位を示すものではありません。

名城大学は東海地方における有名私立大学です。この地域は南山大学が最も偏差値が高いですが、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)に匹敵するレベルであると言われています。その次にくるのが中堅大学の名城大学のグループになるでしょう。これは日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)のレベルに近いのではないか?と思われますが、名城大学の場合には理系の方が充実しています。文系の偏差値と比べると理系の方が高いですし、文系学部も充実はしていますが、より評判が良いのは理系学部かもしれません。名城大学の偏差値は文系学部は都市情報学部と人間学部が相対的に低いです。それ以外の学部はほとんど差がありません。名城大学の偏差値はそういった感じで、学部によって違いますが、文系の主要学部に関しては差があまりないので、文系学部は主要学部とマイナー学部で難易度に差があるということになるでしょうか?理系については理工学部にやや穴場の学科があるような感じに思えますけど、全体的にはそこまで大きな差はないと言えるのかもしれません。名城大学は文系、理系を含めて大きな規模の大学なので、選択肢がそれなりに多くあるということを踏まえると、入りやすい学部はどこになるのか?が気になります。名城大学の偏差値を基準にすると、文系学部は分かりやすいかもしれませんが、理系学部はちょっと判断が難しいと思うのです。名城大学に入りたい人はどの学部学科を受けるか?決めないといけませんが、候補がたくさんあるだけに学部学科ごとの詳細について調べてみた方が良いと思います。

名城大学の入りやすい学部は?

名城大学で入りやすい学部はどこか?というと、やはり文系は都市情報学部と人間学部になると思います。2つともあまり聞き慣れない学部名なので、やはり人気という面ではちょっと劣るのかもしれません。名城大学の偏差値を基準にすると、この2つの学部は穴場の学部と言えるのではないでしょうか?名城大学の入りやすい学部としてはこの2つになると思いますが、理系の方はどうか?というと、理系の学部はやはり理工学部かな?と思います。名城大学の偏差値は理系の穂いうが全般的に高いので、難易度が高いですから、簡単な学部はないものの、受かりやすい学部として相対的に理工学部になると思います。薬学部と農学部は全般的に偏差値が高いですが、理工学部は学科によってはちょっと偏差値が低いところがあるので、そこが穴場の学部というか、相対的に名城大学で入りやすい学部になるのではないでしょうか?名城大学の受かりやすい学部というのは人によって違う場合もあります。倍率、合格最低点、問題との相性など、他にもいろいろと考慮すべきものがありますし、受かりやすさよりも専攻内容などを重視たいという人もいるでしょう。受験する学部学科を決めるときには、それぞれの基準で選んでもらって良いのですが、受かりやすい学部を受けたい、とにかくどこでも良いから名城大学に入りたいという人は、こういったところがとりあえず1つの候補になるというのは覚えておくと良いのではないでしょうか?

名城大学の倍率はどれくらい?

名城大学の一般入試の倍率は学部学科ごとにかなり違いがあります。A方式、B方式が主にあって、学部によってはM方式というものもあります。基本的にはA方式よりもB方式の方が倍率が高くなっており、名城大学の入試の難易度を決定づける部分になっているのです。名城大学の場合は2倍程度~10倍以上というケースがあるので、学部学科ごと、入試方式ごとに倍率はかなり違います。名城大学の難易度は倍率によっても変わるので、こういったところはしっかりとチェックしてほしいと思います。特に過去の倍率が高いところは、それだけ人気にもなりますし、難易度がより高めということで頭の中に入れておきましょう。名城大学の一般入試の倍率を見てから、受験する学部学科を選ぶということも重要になるでしょう。名城大学に入りたい人は倍率などをチェックしておくことも必要ですが、それ以外のデータのチェックも必要です。例えば、合格最低点などは名城大学に受かるために必要な要素なので、受験勉強をしているときから調べておきましょう。合格最低点は特に過去問を解くときには必要になってきますから。赤本を買えばそれに載っていることもあると思いますけど、インターネットからも検索できるので知っておくと良いと思います。入試が近づくにつれて過去問を解く人は増えると思いますが、名城大学の倍率と一緒にこういった情報についても調べておいてほしいと思います。入試はやはり情報戦の面もあるので、しっかりと必要なデータについては頭に入れておいてほしいと思うのです。

名城大学の合格最低点やボーダーラインは?

名城大学の合格最低点に関しては2017年度のものは記載がないのですが、2016年度までの合格最低点はリンク先から確認ができます。今後、記載される可能性もありますし、赤本には載っている可能性もありますが、気になる人はチェックしてみてほしいと思います。名城大学に受かりたいときには過去問を解くことになると思いますけど、そのときには合格最低点を見て、自分の実力と名城大学に受かる確率を考えることになりますから、こういったデータは知っておかないといけないのです。しかし、名城大学の合格最低点は素点ではなくて、得点調整された後の点数である可能性もあるので、実際はさらに高い点数をとらないといけない可能性もありますから、そこも考えておきましょう。そして、名城大学はセンター利用入試を通じて受験することもできますから、その際には合格に必要なボーダーラインは何割か?ということも知っておきましょう。名城大学のセンター利用入試に必要なボーダーラインは文系学部は6~7割5分くらいですが、学部によっては3科目と5科目があったりと、いろいろなケースに分かれており、ボーダーラインにも差があります。センター利用を通じて名城大学を受けるときにはボーダーラインが何割か?というのを確認しておきましょう。リンク先のセンター試験の得点率のページに具体的な数字が書いてあるので、それを見ておくと良いです。学部学科ごと、科目数ごとに必要な得点率を見ておくことで、センター試験でとるべき点数が明らかになるので、それを頭に入れたうえでセンター試験の過去問を解いていきましょう。名城大学のセンター利用入試のボーダーラインは何割か?というのは、受験勉強をしながらチェックしておいてほしいと思います。

名城大学の学生の評判や口コミは?

名古屋市営の地下鉄の鶴舞線にある塩釜口という駅が最寄駅です。
そこから少し坂を上ったところにあります。
最寄駅からそれほど遠くはないです。
駅周辺は学生街のためか、ご飯屋、主に麺系が非常に充実しています。

"学科の施設"というわけではないが、学食を食べるところが多く、また、それぞれとても美味しいご飯を提供してくれる。さらに名城食堂は学食の中でも安いので、学生のお財布にはとても優しい。また、100円朝食といって、期間は決められているが、100円でカレー+フルーツが食べれたり、パンに目玉焼きが乗ったもの+ゆで卵+コーヒーが食べれる。まじですごい。

新しくできたH館はとてもきれいで教室も広いです。
また、地下にある図書館は多くの書物が揃えられており、レポートや課題で調べるときにとても便利です。
Wi-Fiも登録すれば使えるのでとてもいいと思います。

最寄駅がナゴヤドーム前矢田で、近くにバス停などがあり、10分くらい歩けば大曽根駅(ゆとりーとライン、JR中央線、地下鉄名城線、名鉄瀬戸線)があるので通学には便利な位置にあると思います。真横もAEON MALLで、買い物があればそこですぐに済ませることができます。何一つ不自由はありません。
車や電車を使えば栄や名古屋駅までもすぐなのでで、ショッピングもできます。もちろん自転車でも十分いけます。

2016年にオープンしたばかりのキャンパスなので施設は綺麗です。パソコン室の機材はどれも最新のものばかりです。学食は一般の飲食店が入っており、店内はものすごくおしゃれです。価格も学生価格が設定されており、500円で日替わりランチ、日替わり麺(パスタ)450円で丼系(唐揚げ丼、マグロ丼) うどんなどがあります。日替わり系は500円とは思えないクオリティです。量もそれなりにあるのでかなり良いと思います。しかし、座席数が少ないので、イオンのフードコートで食事を取ることになることもあります。

名城大学のキャンパスはいくつかありますが、主に天白キャンパスとナゴヤドーム前キャンパスを利用します。薬学部の学生だけは八事キャンパスを利用するみたいです。名城大学のキャンパスの立地条件や設備面、周辺環境については学生の口コミを集めてみたので、それを参考にしてもらいたいと思います。名城大学のキャンパスの立地条件の評判について、上から3つが山城キャンパスの口コミで、下2つがナゴヤドーム前キャンパスの口コミになります。特にナゴヤドーム前キャンパスは最近できたばかりなので、かなり新しくて綺麗でしょうから、最新設備なども整っているのではないでしょうか?だから、ナゴヤドーム前キャンパスというのは、それなりに受験生の人気が出そうなキャンパスとして魅力が大きいと言える気がします。しかし、名城大学の評判はキャンパス以外にもあると思うので、いろいろなものを見ておいてほしいです。名城大学のキャンパスの立地条件、授業内容やゼミのことなど、あとは就職支援などについても入学前に調べておくと良いと思います。名城大学の学生の口コミを利用しても良いですし、ホームページなどを見ても良いですし、オープンキャンパスなどに参加しても良いかもしれません。名城大学はこの地域では評判も良いと思いますし、知名度もあるので人気の大学の1つでしょう。名城大学に入りたい人はそういった点についても調べておきましょう。ナゴヤドーム前キャンパスはできたばかりなのですが、名城大学の天白キャンパスに関しては伝統的なキャンパスで、動画もあるようですから。

名城大学の就職支援や就職実績はどうか?

夢の実現を4年間を通してサポートしてくれる心強い存在が就職支援グループ。1年次から実施される進路支援講座や、全学生に担当職員が付いて具体的な進路・就職支援を行う指導体制や、資格取得をサポートする講座の開講など、きめ細かなサポートを行っています。
○就職指導担当制/就職支援最大の特色。学生全員に、進路や就職について就職支援グループ職員が担任の形でサポートします。
○就職アドバイザー制度/4年生就職内定者および卒業生が就職相談にあたります。

1 2