1. まとめトップ

チュートリアル動画やゲーム実況動画などのデスクトップを録画した動画の作成方法

チュートリアル動画を作成する機会があり、調べた中でもこの組み合わせはいいんじゃないか?と思い、使うソフトウェアなどを簡単にまとめてみました。制作する方法は様々な方法があると思うので、あくまでも一例として参考にしていただければと思います!

更新日: 2017年09月29日

0 お気に入り 484 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

davisjpさん

①デスクトップ録画ソフトで動画の素材を録画する

海外の有償ソフトウェア「Action!」
どのソフトウェアにしようかと考えたときに、有名どころのBandicamにしようかとも思ったのですが、色々調べたところ、「Action!」に行き着いて4000円ぐらいだったので購入しました。
録画するので、動作は重いのかなと思っていましたが、とても軽いので使いやすいです。
公式サイト情報によると、2016年に海外サイトで1位の評価だったとか。

その他調べてた中で、無償のロイロゲームレコーダーも試してみました。

②説明用の音を録音する

昔から使ってたAudacityを通して録音しようと思ったのですが、なぜかクラッシュしまくる・・・という現象が発生してしまいました。。

結局は、手元にあるiPhoneを使いました。
え!と思われるかもしれませんが、後ほど説明するPremiereを使えば、ノイズもある程度は簡単に取れるのと、音のボリュームも調整できるので、けっこうこれでイケちゃいます。
とはいえ、夜中に自宅の静かなところで、付属のイヤホンのマイクに向かって録音しましたがね。。
録音は、デフォルトの録音アプリで十分かと思いますが、いやこれじゃダメという方は、ノイズなしに録音できる方法は機材などを駆使すればかなりのハイクオリティのものができるらしいので、調べてみてください。(いつか自分でもベストな方法をまとめておきたいなと思います)

③集めた素材を使って、構成しながら編集する

泣く子も黙るアドビの「Premiere Pro」

細かい設定までかなり掘り下げることができるので、編集、色彩調整、清音、動画のフォーマット変換、サイズ変更までコレで全て行いました。

ハイクオリティなものに仕上げるには、かなりの知識が必要ですが、個人的には、一度プレーンなものを作った後、他の参考となる動画をチェックして、自分の動画にも取り入れたい要素や編集テクニックなどを、とにかくググる。
調べれば、ほとんどの機能において、説明がなされたブログや動画が出てくるので、それを見ながら自分に合うように調整をしていけば、かなりのことができます。ただ時間はかかりますがね。。気づくと時間があっという間に立ってしまいます。。

Premiere高い・・・と思う方は、かなりの頻度でセールを行ってるVegasもかなり良いのでオススメです。

ただVegasの問題点は、やはりPremiereと比較するとユーザー数が少ないのか、あれをやりたいと思ってググっても記事が見つからない場合があるので、結局自分でやらなければいけないので途方にくれてしまうこともあります。。
セールをやってるときに購入したら、70%以上のセールをやってる記事をたくさん見かけるので、むちゃくちゃコストパフォーマンスは抜群だと思います。
たぶんレンダリングをしなければ?だと思いますが、PremiereやFinal Cutを使っているときよりも、編集中にPCが重くならないので、編集自体はこれでやっちゃうというのもアリ!かもしれません。

④特殊効果を入れる

特殊効果を入れるといっても、簡単なものもPremiereを使えばAfter effectsを使わずともできちゃいます!
モーション付きの文字や、動くグラフィックを入れるだけでも、かなりクオリティーがアップできます!

まだまだコレ!という方法は、あると思うので、随時アップデートするなり、新しくまとめるなどしてみます。

1