1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

プレイボーイ創刊者ヒュー・ヘフナー氏が死去‥軌跡や功績に哀悼

「プレイボーイ」の創刊者ヒュー・へフナー氏が死去…彼の軌跡や功績にネットからも哀悼の言葉が広がっています。

更新日: 2017年09月29日

15 お気に入り 34509 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「プレイボーイ」の創刊者ヒュー・へフナー氏が91歳で死去

カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で親しい人たちに囲まれながら、老衰のため91歳で息を引き取ったということです。

Playboy公式サイトには現在、若いころのヘフナーさんの写真と、「他人の夢を生きるには人生は短すぎる」という彼の言葉が掲載されています。

ヒュー・へフナー氏の軌跡

高校を卒業後、1944年にアメリカ陸軍に入隊し、そこで軍の新聞記者として働きます。

1953年12月にPlayboyを創刊し、同誌は現在20カ国以上で販売される人気雑誌に。

創刊号では女優のマリリン・モンローのヌード写真を掲載するなどし、一躍有名になった。

1996年に国際出版賞を受賞するなどいくつもの賞を受賞し、また最も長く1つの雑誌の編集に携わったとしてギネスブックに

1973年には発行部数が700万に達した。その後、TVシリーズやDVDが作られるなど、世界でもよく知られるブランドの一つとなった。

その後、「ペントハウス」や「ハスラー」など類似誌の追い上げを受け、2015年末には約80万部に激減した。

ポルノ記事などがあふれるインターネット時代を反映し、女性のフルヌード写真の掲載中止も打ち出していた。

・映画やTVシリーズのカメオ出演も

「ビバリーヒルズ・コップ2」「SEX AND THE CITY」「ラスベガス」などに顔を出し、テレビアニメ「シンプソンズ」や「ファミリー・ガイ」では本人役の声優で務めた。

・「プレイボーイ・マンション」と呼ばれる豪邸を所有。

自宅はロサンゼルスにある「プレイボーイ・マンション」と呼ばれる豪邸で、40年以上暮らした。

なお、バニーガールはプレイボーイから生まれたものだった。

自らも完璧な遊び人だったヘフナー氏は、性における革命を達成した後も長生きし、プレイボーイのピンナップを飾った名高い豊満なモデルたちをもしのぐ存在となっていった。

・私生活では2度の離婚

2012年、60歳年下のモデルでプレイメイトのクリスタル・ハリス(31)と結婚。1番目と2番目の妻との間に、4人の子供たちがいる。

へフナー氏の功績「アメリカ文化に大きな影響を与えた」

当時、保守的な風潮が強い中で女性のヌード写真を掲載して大きな人気を集め

1 2