こわっ…都心に急増してるスズメバチが危険すぎ

都心を含む全国各地で、スズメバチによる被害が急増。この秋、猛威を振るう恐れがあり、11月頃までは注意が必要です。

更新日: 2017年10月01日

18 お気に入り 104439 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

都内の公園でまさかの事態が…

23日、東京都港区の芝公園で子どもを含む11人がスズメバチに刺され、ケガをした

巣は公園の斜面の土の中にあったということで、東京消防庁によって駆除された

都内だけでなく、各地で被害が続出

実は近年、都心でスズメバチが問題に

キイロスズメバチは弱いがゆえに生活環境に融通を利かせる性質があったこと、生ごみや空き缶に残った液体がえさになったことで、”都市型スズメバチ”に

ハチによる被害は毎年、8~10月に集中する。この時期のハチは繁殖期で、巣を守るため、外部からの刺激に敏感に

キイロスズメバチの天敵であるオオスズメバチが減少。オオスズメバチは土中に巣をつくるが、夏の長雨でダメージを受けてしまった

このため、今年の秋はキイロスズメバチの大量発生が懸念されている。

その攻撃力も恐ろしく…

凶暴なスズメバチで、ひとつの群れが抱える個体数がスズメバチの中でも最も多い

攻撃力はトップクラス。

天井裏や壁間などの閉鎖空間だけでなく、軒下や樹木などの開放空間にも巣を作るため、非常にやっかい

11月頃までは、引き続き警戒が必要

①ハチを見たときに絶対してはいけないのが、はらうように手を横に動かすこと。ハチの攻撃を誘ってしまう

②専門家に見てもらうのが得策。市区町村の自治体に相談すれば、巣を撤去してくれたり、専門の業者を紹介してくれる

③戻ってきた働きバチが、巣がないのを怒って攻撃してくることがあります。飛んできたハチをじっと見たり、殺虫スプレーを噴射したりするのはやめてください

1