1. まとめトップ

2017秋アニメ「3月のライオン」登場人物紹介!!

2017秋アニメ「3月のライオン」の登場人物と各話ごとのネットでの反応を随時更新していきます。

更新日: 2017年11月07日

2 お気に入り 10278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JiTa仮さん

✦ アニメ「3月のライオン」とは!?

羽海野チカ原作の将棋を題材にした作品でヤングアニマルで連載中。作者自体はあまり将棋に詳しくないため、監修として棋士の先崎学氏が務めている。

幼いころに両親と妹を亡くした主人公「桐山零」を
父の友人である棋士の幸田に引き取られ、その縁で
最年少プロ棋士になった漫画。だが幸田家の家族と
は養父以外良く思う人間がいないため、プロ棋士に
なり直ぐに家を出て一人暮らしを始める。

一人暮らしを始めて直ぐに先輩棋士と無理やり連れ
て行かれたスナックで「川村あかり」と出会ったこ
とにより零の運命は大きく変わっていくことになる。

✦ 2期の見どころ

▼ PV

▼ オープニングテーマ

YUKI 『フラッグを立てろ』

11/22 シングルリリース予定

▼ エンディングテーマ

✦ 登場人物紹介

声 河西 健吾

本作主人公。連載開始時は17歳。
中学生時代に中学生5人目となるプロ棋士となり世間からの注目を集める(プロ棋士に関しては作中での話)。

父の影響で将棋を指すようになり、本格的に始めたのは幸田家に引き取られた際。本格的に始めた理由は養父の喜ぶ顔が見たかったから。だがその影響で家族との関係は悪化するようになる。

このことが要因で家族から離れる決意をし、15歳の頃に家を出て一人暮らしを始める。そしてこの一人暮らしの際に後述する川本あかりと出会い、零の生活は一変することになる。このような出会いがきっかけで零も段々と心を開くようになり、学校でも自分の居場所を作るようになる。

声 茅野 愛衣

川本家の長女で23歳。
祖父が営む和菓子屋を手伝い、そして夜は伯母のスナックで働き姉妹たちと暮らしている。母が亡くなったことで自分が母親代わりになることを決意した。父親に関しては家族をバラバラにした張本人という認識で、よく思っていない。
零とは伯母のスナックで働いていた帰り道に出会う。零が慣れない酒を飲まされ、嘔吐している所を目撃する。そこで零を介抱しようと零の体に触れると、あまりの痩せすぎのために驚き、自宅に連れていきご飯を食べさせたことから今の関係性が続くようになった。あかりはとにかく”ふくよか”な人や動物が好きということで、零を連れてきたと妹のあかりは言う。

声 花澤 香菜

川本家の次女で14歳。
川本家でのムードメーカ的存在。とにかく誰にでも明るく接し学校でも人気者。妹モモの面倒もよく見て、さらには姉あかりと一緒に和菓子屋の手伝いもするしっかり者。零が来た時も嫌な顔ひとつせず接してくれ、零の不安を取り除いたと1人。小学生の頃から好きな男子に、弁当を持っていったが渡せないという純情な心も持ち合わせている。今作2期ではとても”大変”なことが起こる当事者。見逃せない役の1人です。

声 久野 美咲

川本家三女。
母親が早くに亡くなってしまったため、母親からの愛情の恩恵を受けていないが、姉妹や祖父からの愛情をすべて受けている。零が来た時は初めから懐いた。作中に出てくるアニメの影響で零の友人である二階堂のことがとても大好き(あかりも・・・)。

声 千葉 繁

3姉妹の母美香子の祖父で和菓子屋店主。
川本家姉妹を心の底から可愛がり、ほぼ毎晩3姉妹の家に顔を出しご飯を食べ帰っていく生活を送っている。特に3女のモモには甘く、モモのことになると顔面雪崩をおこすほど溺愛している。零が川本家に来た時はあまりいい顔をしなかったが、プロ棋士の桐山零と分かった瞬間から態度が変わったと思われる。現在では零のことも家族の一員と同じように接してくれる。

声 根谷 美智子
相米二の娘で3姉妹たちの伯母。
銀座スナックのママであり、あかりが週2回手伝いにきている。美咲はあかりの器量に惚れ込み毎日手伝って欲しいと思っているが相米二が大反対のため甘んじている。とにかく商売っ気が強く金に関しては相米二曰く「金の鬼」と言わせるほど。

声 大川 透

零の養父。
零の父とは昔からの友人で、友人がなくなった際に出席した葬式で親戚同士が零の処遇をどうするのか言い合いになっているのに嫌気が差す。そこで零の元へ近づき将棋の弟子として自分の家に迎えると言ったことから関係が始まった。零の将棋に対する姿勢や強さに惚れ込み、本当の子供には見向きもしなくなる。それが原因で息子は引きこもりになり、娘は家を飛び出していくことになってしまった。

声 井上 麻里奈

幸田家の長女。
容姿は良いが、とても凶暴な性格で負けず嫌い。
昔は家族全員で将棋をしていたが、突然現れた零の存在により将棋への道を父から閉ざされてしまった被害者。
そのことが原因で家を飛び出し遊びまわる生活をしている。父の内弟子である後藤に強い好意を寄せているが、後藤には一切相手にされていない。一人暮らしを始めた零の家に突然現れては暴言を吐き、そして泊まっていく。モモからは見た目の怖さから”悪魔”と呼ばれている。

声 井上 麻里奈

幸田家の長男。
零が来る前まではとても楽しく将棋を指していたが、
零が来て自分の実力を知り将棋から遠ざかった。
その後引きこもりになりゲームばかりをしるように
なった。零に対しては香子と同じように冷たい態度
を取る。

声 三木 眞一郎

島田研究会を開いているA級棋士。
元々の才能は素晴らしいものを持っているが、とにかく胃が弱く大きな大会で勝てないでいる。とても痩せており頭の毛も薄いため40代後半に見られるが実はまだ30代後半。二階堂とは兄弟子であり、とても仲が良い。
その縁もあり零が研究会に顔を出すようになった。

声 岡本 信彦

零とは昔から対局を重ねライバル関係だと自負している。とても健康そうな体格だが幼少の頃から腎臓を患っているために、このような体型になっている。このことは家族以外は零と島田以外誰も知らない。この膨よかな体型はアニメに出てくる「ポドロ」にそっくりで川本家のモモからは大変好かれている。実はあかりもこの体型をもつ二階堂に一目惚れらしい描写があるが、これは恋愛感情かただのふくよか好きか未だに不明である。

声 櫻井 孝宏

零が通う高校の教師。
零とは担任だった1年生の時に知り合う。
零が高校に編入してきた際もすぐに気づくほどの
将棋好き。その縁もあり零の担任を外れた今でも
零のことを気にしてくれる先生。この気にしてく
れることが要因で零と一緒に「放課後将棋科学部」
の顧問となる。そしてここから零が段々と心を開
くことになった。この作品のキーマンとも言える
存在。

声 細谷 佳正

川本家次女ひなたの幼馴染で同級生。
野球部のエースでプロ野球を目指しているとても志が高い青年。中学では女子からの人気が高く、ひなたもその1人。零とはプロの心構えなどを聞いている内に中が良くなり、川本家によく来るようになった。その際ひなたはガチガチになっているばかり・・・。今期に於いての重要人物。

声 西 明日香

川本家の次女ひなたの幼馴染で同級生。3年生に進級後に起きた”いじめ”を受け学校に来なくなってしまった。今期の物語において重要人物。(詳細は物語が進み書き足します。)

声 石田 彰

作品中における名人。
その他にも獅子王・棋神・聖竜などを獲得している。

今後も登場人物を更新していきます!!

✦ スタッフ紹介

1 2