1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ずさんな検査が発覚…日産自動車が大規模リコールの可能性

8月の販売が好調、新型リーフを発売したばかりの日産自動車にずさんな検査が発覚、今後大規模リコールを実施する可能性が浮上しました。

更新日: 2017年09月30日

14 お気に入り 105861 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・8月の販売が好調だった日産自動車

日産自動車は9月28日、8月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。

グローバル生産台数は前年同月比7.0%増の47万7472台、8月度新記録で4か月連続のプラスとなった。

・今月は航続距離400kmの新型リーフを発表した

9月6日、日産自動車はフルモデルチェンジした電気自動車(EV)「リーフ」を発表した。

2010年12月の初代を発売して以来、6年10カ月ぶりとなる2代目で、価格は315万円からだ。

西川廣人CEOは「航続距離を競う時代は終わる」として、EVのさらなる普及に自信をみせた。

・そんな中、日産が大規模リコールを実施する方針を明らかにした

日産自動車は29日、出荷前の車両の完成検査を未認定者が行っていたことを発表した。

21車種、少なくとも6万台の販売を一時、停止し、検査をやりなおすと発表

・国土交通省の指摘により判明した

国土交通省の指摘により車両製造の最終工程となっている完成検査工程において一部不備が判明

出荷前の検査は、自動車会社が自主的に決めた検査経験や知識を持つ検査員が行わなければ、検査を完了したことにはならない。

国交省はこれを通達で定めてはいるが、保安基準に適合しない車両が検査不備で生み出されなければ、直ちに法令違反には問われないため、同社はリコール制度などを使って、再度、完成検査をやり直す必要に迫られる。

具体的には、同社の国内事業所(追浜工場、栃木工場、日産自動車九州)と、日産車体、日産車体九州において、車両製造の最終工程、完成検査工程において不備が指摘

・このニュースにはこんな声が出ている

日産の完成検査問題について国内に6か所工場があるのに検査員が5人程度て単純にいって生産台数から見ると一日24時間フル稼働しても検査はできないよな、しかも工場が6か所で検査員が5人程度て? 検査できる状態ではないな。

あー、遂に大々的に「やっちゃった日産」をやったか。 そもそも自動車検査員は(あってはならないが)ミスすると資格剥奪、解雇、最悪逮捕となる重要な資格なのに日産の検査員の資格手当は月3000円が良い所だって言うのが一番マズいと思います(´・ω・`)

色々訳あって、最近、日産車に乗り換えたのですが、無資格者が最終検査をしてた??これは社内体制を問われる信用に関わる問題だぞ?9月18日に立ち入り検査で分かったのに、最近まで、矢沢永吉がやってる「技術の日産」ってCMバンバン流してたよね。大丈夫か?これ?会見も大丈夫か?あれ?

90万台を300人の認定検査員で再検査するとした場合、一人当たり3,000台を担当。1台の検査にかかる時間が1時間だとして3,000時間。1日に残業含めて10時間働くとして300日。日産がブラック企業でなければ全数再検査終了まで約1.5年。その間新車の検査ができない。

1 2