1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2hemuhemu2さん

出血も「意識ははっきり」

20時3分ごろ、オリックスのドラフト5位新人・小林慶祐投手(24)が六回に先頭の高谷の打球を右頭部付近に受けこん倒し、15分後に救急搬送

約10分後に救急車が外野からグラウンドに入ると、ストレッチャーに乗せられ、大阪市内の病院に運ばれた。

球団広報は

「打球が右眼瞼部上付近に直撃したため、救急車で大阪市内の病院へ搬送されました。裂傷し、出血はしておりますが、意識ははっきりしております。これから精密検査等を行う予定です」

心配の声

とにかく無事を祈ります

現地で観てるけど、かなり速い打球だったと思う。自然に小林コールしてくれた内野のお客さんとソフトバンクファンに感謝です。無事を祈る…

小林がんばれ
復帰を願って待ってます

まあね 言いたいことは一つなんよ 小林慶祐投手の無事を祈ります

@tappoi_2016 今日はオリックスが勝って良かったかもしらない。小林投手のアクシデントもあったから!あれで勝ってもなんか僕はあまり嬉しくなかったな!

@bs_ponta やっぱアメイジング!オリックスはもってます!今夜もおりほぉぉ〜!明日は現地で応援だ!小林投手!みんな応援しています!

@bs_ponta 今日は現地で見てて、小林投手の救急車待来るの遅いよー早くー!って思ったよ…。その後もやっぱり心配で。選手もたぶん動揺してたかもしれないけど、逆転勝利できて良かった。 小林投手がまたマウンドに立てる日を待ってます。

オリックス、今日の勝利は小林投手の為の勝利かなチャンネルをポチポチしている中、倒れている小林投手が…選手みんなが見守る中、伊藤捕手とTさんは小林投手のそばにいて声をかけたり小林投手、意識はあるようですが心配ですね…

10万号男マレーロと吉田正が逆転の猛攻

チーム一丸となってつかんだ1勝だった。2安打5打点の爆発でお立ち台に上がった吉田正は「一瞬時間が止まったんですが、みんなが諦めずに戦った結果。最後につかめた勝利ですね」

小林慶祐投手とは

生年月日(満年齢)1992年11月2日(24歳)出身地千葉
身長/体重(血液型)187cm/86kg(B型)投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2016年(5位)プロ通算年1年
経歴八千代松陰高-東京情報大-日本生命

青菅小時代から野球を始めたものの、八千代松陰高在籍時までは無名の選手であり、高校での公式戦登板は3年夏の千葉県大会における救援登板1試合のみであった[

その後の状態…

状態がかなり心配されたものの、頭部CT検査の結果は脳に異常なし。『右眼瞼部上の打撲』と、それによる裂傷のため患部を8針縫う治療

その一方、阪神上本も顔面死球で負傷交代

無死二塁で打席へ。巨人先発畠が投げた初球の抜けた内角球が左ほおあたりを直撃

1 2