1. まとめトップ
  2. カラダ

【5分でわかる】きちんと知っておきたい『風邪の予防方法』

風邪がそろそろ本格化しそう..しっかり体調管理しましょう

更新日: 2017年10月01日

110 お気に入り 43311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

H1roro_idさん

風邪の流行シーズンとなりました

季節の変わり目は自律神経のバランスが乱れやすく、風邪をひきやすい季節。また働いているとストレスや空調等が理由で、自律神経のバランスがおかしくなっている人も多いのだとか。

日本人は、1年で平均 5~7回、ひと冬では2~3回は風邪をひいていると言われています。当然、本人も風邪と気がつかない程度のものもあるでしょう。

風邪引いた_(┐「ε:)_ 38度超えの咳鼻水吐き気はもはや風邪のレベルじゃない( ㆆ_ㆆ ) 体力なさすぎた笑

風邪引いたみたい… 薄着ではもうダメだね油断した〜

風邪予防にまつわる勘違い

勘違い① マスク予防に意味は無い?

風邪とかインフルの予防にマスクって全っっく意味ないと思うんだけど

予防効果がほとんど無いマスクを付ける意味ないっての

●予防効果はあります!!

マスクの働きは、病原体を吸い込まないことではありません。実は、本来の役割はのど、鼻の乾燥を防ぐことです。

乾燥している状況では、水分不足のために粘膜が弱ってしまい、免疫機能も低下してしまいます。一方、保湿されていれば、免疫機能を十分に維持することができ、病原体の侵入、定着を防ぐことができます。

マスクは意味ないっていう言葉を見かけたりするけど、マスクがあれば飛んできたツバや乾燥して空中に漂う汚物とかを大幅そこで防げるから、マスクは確かに予防効果あるよ。

勘違い② 帰ったらすぐにうがい

●「手洗い→口うがい→喉うがい」の順番がベスト

薬用石けんを使い、手のひらや手の甲・指・指の間・爪の間・手首~ひじまでをしっかり洗ってください。

水を口にふくみ、クチュクチュうがい(ぶくぶくうがい)をして、口くう内にある細菌や汚れを取ります。

水を口に含み、「あ~」と声を出しながら、喉の奥が震えるようにうがいしてください。口の中の水が温かく感じたら吐き出しましょう。少なくても3回以上は行うようにしてください。

風邪っぽくもないから「喉 痒い 対処」でググったら花粉症でも喉にくることもあるって載ってて、ま・じ・か!?てなった 喉ってがっつり粘膜だもんねー しかもうがいの仕方を今まで完全逆やってたという、、口うがい→喉うがい てしなきゃ意味ないんだねぇ~そりゃ中々良くならんよねぇ

すぐに始められる風邪予防法をチェック!

◇緑茶うがい

このカテキン、もっとすごいのが殺菌作用。ぬるいお茶でうがいをするだけで、口内や喉のウイルスの働きを抑えて、風邪予防になるんです。

お茶うがいのやり方は至って簡単。ぬるくしたお茶を口に含み、まず、15秒ほど口内をクチュクチュと洗います。次に、もう一度お茶を含んだら、上を向いて15〜20秒、のどを洗ってください。

やっぱ喋り倒した後の喉のケアは 「あったかい塩緑茶うがい」が最強やな

◇ビタミンA,Cを摂取

1 2