1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『君の名は。』の新海誠から志村貴子まで!11月の「マンガ展覧会」が楽しそう

2017年11月に全国で開催される漫画展も多数。東京では「君の名は。」の国立新美術館「新海誠展」、西武池袋本店「志村貴子原画展」、森アーツセンターギャラリー「THE ドラえもん展」。大阪では「鋼の錬金術師展」、広島では「この世界の片隅に原画展」、福岡では「竹宮惠子 カレイドスコープ」と多彩。

更新日: 2017年12月15日

22 お気に入り 19024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

▼『新海誠展』(東京)

開催期間:2017年11月11日~12月18日
開催場所:国立新美術館(港区六本木7丁目22-2)

アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念した展覧会『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』が11月11日より東京・国立新美術館で開催される。

新海誠の原点ともいえる2002年の商業デビュー作品「ほしのこえ」から『君の名は。』までの軌跡をたどる。制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物など、貴重な品々約1000点を展示。

同展の音声ガイドを、自他ともに認める“新海誠ファン”であり、「君の名は。」で主人公・立花瀧に声を当てた神木隆之介が担当することが決定。

新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで、国立新美術館で現役アニメ映画監督初の展覧会 - fashion-press.net/news/29872 pic.twitter.com/BJY1EOND7A

神木くんに耳元で解説してもらう新海誠展めちゃ行きたい

▼『志村貴子原画展』(東京)

志村貴子の原画展「~画業20周年記念~志村貴子原画展」が、11月2日から11月9日まで、東京・西武池袋本店にて開催される。

志村貴子は、1997年に『ぼくは、おんなのこ』でデビューして以来、美しい筆致と愛すべきキャラクターたち、繊細な物語で読者を魅了。代表作の『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化、珠玉の作品を次々に生み出している。

復活連載中の『青い花』や連載中の新作『淡島百景』の手描きの原画など、全作品の原画が展示されるほか、貴重なネームも公開。さらに図録・オリジナルグッズの販売も予定されている。

「~画業20周年記念~志村貴子原画展」のメインビジュアルは、本原画展のために志村先生が描き下ろしてくださいました!志村先生作品のキャラクターたちの「夢のコラボ」が実現…!メインビジュアルは、原画展で展示いたします!#志村貴子原画展 pic.twitter.com/IPBCjDo1Vu

11月2日から志村貴子さんの原画展! 複数回行く!

ギャ~~!志村貴子先生の原画展!!??関西きてくれないかな切実に願う

▼『THE ドラえもん展』(東京)

開催期間:2017年11月1日〜2018年1月8日
開催場所:森アーツセンターギャラリー(六本木)

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木・森アーツセンターギャラリーにて『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』が開催される。

アーティストたちが感じた「ドラえもん」をアートで表現したら、いったいどんな素晴らしいことが起こるのだろう?そんな想いから、アーティストたちに「あなたのドラえもんをつくってください」とオーダーし、本展が実現した。

■参加アーティスト
蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(コイケジュンコと共同制作)、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、奈良美智、増田セバスチャン

アートなドラえもんに会う。『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』は2017年11月1日 - 2018年1月8日 森アーツセンターギャラリーにて開催。bit.ly/2pwyHj5 pic.twitter.com/w1YEQojQw5

これ、めっちゃ面白そうな予感!11/1から。>> THE ドラえもん展 TOKYO 2017 thedoraemontentokyo2017.jp

11月に開幕する「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。魅力あふれる作家さんたちが参加するが、一番気になっているのは、拾った紙などで実際に着ることができる服を制作している、アーティストのコイケジュンコ氏。会場で作品を見るのが待ち遠しい。

▼『鋼の錬金術師展』(大阪)

1 2