1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヤクザにクズ男役まで!殻を破った「竹野内豊」の演技に目が離せない!

現在も俳優として活躍し続けている竹野内豊さん。来年5月公開の映画「孤狼の血」では、初めてヤクザ役を演じます。さらに10月公開の映画「彼女がその名を知らない鳥たち」では、女を道具として扱うクズ男を演じます。殻を破った竹野内さんの演技に注目です。

更新日: 2017年10月01日

ayumickey512さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 33940 view
お気に入り追加

■現在も俳優として活躍し続けている竹野内豊さん。

1994年に、TBS系ドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー。

「星の金貨」(95)、「ロングバケーション」(96)と人気ドラマで活躍し、「ビーチボーイズ」(97)、「氷の世界」(99)などに主演、女性を中心に不動の人気を獲得する。

第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞、第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第54回ブルーリボン賞 主演男優賞など受賞多数。

なぜだー!あんなにかっこいいのに冴えない男が似合う竹野内豊❤︎なぜだ!

竹野内豊はカッコイイなーーー。もっさりださい役でもかっこいい、声が低音なのがいい。

竹野内豊は、かっこいい 髭があってもかっこいい ああかっこいい #この声をきみに

■そんな竹野内さんが来年5月公開の映画「孤狼の血」に出演する事が決まっています。

『孤狼の血』は『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督作。

昭和後期の警察と暴力団の黒い世界。柚月裕子が原作の「孤狼の血」は昭和後期、暴対法が成立前の暴力団の抗争と警察の闇を描いた物語です。

発表されているキャストは、主演である役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介と、若手から大御所まで豪華な面子が集結している。

■竹野内さんは、その中でヤクザ役に初挑戦している事が分かっています。

俳優の竹野内豊が、役所広司主演作「孤狼の血」(白石和彌監督)に出演し、暴力団の若頭に扮していることが明らかになった。

これまで善良な人物を演じることが多かった竹野内だが、アウトローを描くのを得意とする白石和彌監督(42)に乗せられ同作では一目でやくざと分かるガラの悪い役。

■自身の初ヤクザ役に対し、「挑戦できうれしかった」と語った竹野内さん。

実は以前から殻を破るべく悪役願望を内に秘めていたが、想定を上回る極悪人役だった。

白石監督から台本も渡されずに出演オファーを受けた竹野内は「新たな役に挑戦できることがうれしかった」と笑顔。

「衣装が想像していたものと全く違って、とにかく派手でした」と劇中の強さとは一転、照れていた。

「衣装に合う髪形をヘアメイクさんと話しながら作っていただきました」と、細部にこだわって役になりきったようだ。

現場では「ぼく、大丈夫ですかね」と心配しつつも「わくわくしました」とノリノリで暴力シーンに励んだ。

1 2





ayumickey512さん

「訪問者にわかりやすく」をモットーにまとめます。
ぜひご覧ください。