1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

広瀬すずがコギャル姿『SUNNY』も!増加する韓国映画のリメイク作品

篠原涼子が大ヒット韓国映画のリメイク「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督)に主演が決定。篠原の高校時代を広瀬すずがコギャル姿で演じる。21世紀に入って増えた韓国映画・ドラマのリメイク作品。初期には「8月のクリスマス」、最近では「22年目の告白 -私が殺人犯ですー」などがある。

更新日: 2017年10月09日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 52603 view
お気に入り追加

◆篠原涼子が韓国映画のリメイク作品に主演する

[映画ニュース] 韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず eiga.com/l/rvgQC pic.twitter.com/D7hnYjHaVQ

女優、篠原涼子(44)が来年公開の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督)に主演する。

かつて青春を謳歌(おうか)した女子高生の仲良しグループ「SUNNY」のメンバーが再会し、友情と人生の輝きを取り戻すために奮闘する物語。

11年に韓国で観客動員745万人を記録した「サニー 永遠の仲間たち」の舞台を90年代の東京に移した作品。「モテキ」「バクマン。」などのヒット作、話題作で知られる大根仁監督(48)がメガホンをとる。来年公開。

◆篠原の高校時代を演じる広瀬すずは90年代の“コギャル”姿に

2つの時代が交錯しながら進む設定で、今回は女子高生時代を80年代の韓国から90年代の日本に変更。現代パートでは平凡な主婦の主人公を演じる篠原をはじめ、「SUNNY」のメンバーに真木、小池、ともさかりえ(37)、渡辺直美(29)ら豪華女優陣が集結。

劇中では、サブタイトルに引用されているシンガー・ソングライター、小沢健二(49)のヒット曲「強い気持ち・強い愛」など、90年代のヒットソングが多数流れる予定だ。

主人公の女子高生時代を演じるすずは、ミニスカートやルーズソックスなどコギャルファッションに初挑戦。どんなコギャル姿を披露するのかも、注目だ。

すず=広瀬すず

韓国版のファンだから楽しみ 韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず(映画.com) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-…

韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず #映画 #eiga eiga.com/l/rvgQC @eigacomさんから これは相当楽しみ〜!

◆近年増加する韓国映画のリメイク作品

▼『22年目の告白 -私が殺人犯ですー』(2017)

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
原案:『殺人の告白(韓国語版)』
出演:藤原竜也、伊藤英明

藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。

韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ。

日本中を震撼(しんかん)させる殺人手記を出版する殺人犯を藤原竜也、事件発生時から犯人を追ってきた刑事を伊藤英明が演じる。

「22年目の告白-私が殺人犯です」やっと観れた! 想像以上に面白かったε٩( º∀º )۶з いやー、韓国版の映画も良かったけど、日本流のアレンジが絶妙で傑作だな。 今から2本目『ハクソー・リッジ』観る! pic.twitter.com/z23XFgLFfJ

で、親切に落し物を保管して下さったシネマサンシャインで本日二本目の映画は「22年目の告白」。 う〜ん、見応え満点! ウチの生意気な娘が(笑)先に観て一切ネタバレをしてくれなかったのが納得。 もし、それをしたら大炎上どころじゃない、そんな大傑作。 下半期のベスト入り決定。

▼『あやしい彼女』(2016)

監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
出演:多部未華子、倍賞美津子

可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子。口を開けば超毒舌、時には熱く説教もする“あやしい彼女”の正体は、73歳のおばあちゃんだった。

20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。

多部による1960年代から1970年代のヒット曲の熱唱や倍賞の毒舌など、一人の女性を演じる二人の女優に期待が高まる。

「あやしい彼女」 を観た。 ちょっと待って…そんなつもりじゃなかった…。 なにこれ、大傑作なんですけど! 胸一杯に空気吸い込んで、満面の笑顔で涙目になる映画だった。

5位「あやしい彼女」 これぞエンターテイメント映画。深いこと考えずに力を抜いて楽しめる傑作。腹抱えて笑って、時にほろっと。多部未華子ってこんなに魅力的だったのかと感動。原作である韓国版もぜひ観たい。 pic.twitter.com/lnhShql2rO

1 2





記憶の中で生きてゆける