1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フランスやカナダでテロ相次ぐ‥ISが欧米に犯行を呼びかける

フランスやカナダでテロが相次ぐ事態に…IS指導者がテロを呼びかける行為も発生し今後が気になります。

更新日: 2017年10月02日

10 お気に入り 76626 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

フランスの駅で男が刃物で切りつけ2人死亡

フランス南部マルセイユの主要駅であるマルセイユ・サンシャルル駅で1日午後1時45分(日本時間同8時45分)ごろ

・男は犯行時に「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだ

犠牲者のうち1人は喉を切り裂かれていた。30代とされる容疑者は犯罪歴があり、目撃者によると襲撃に及ぶ直前に「アラーアクバル(アラビア語で神は偉大なりの意)」と叫んだという。

被害者の1人がのどを切られたと伝える報道もある。警察は駅一帯を封鎖し、近づかないよう市民に呼び掛けた。

地元警察によりますと、男は25歳から30歳くらいで国籍は不明。

・フランスの内相コロン氏はテロの可能性を示唆

現場を視察したフランスのコロン内相は記者団に対し、男が女性を襲ったあと兵士にも襲いかかろうとしたことを明らかにしたうえで、テロの可能性があるという見方を示しました。

この事件について「イスラム国(IS)」が同日犯行声明

IS傘下の通信社アマック(Amaq)が「治安筋」の話として、「マルセイユ市での刃物による襲撃の実行犯は…ISの兵士の一人だ」とアラビア語で報じたという。

・最近のフランスのテロ事情

ことし4月、パリ中心部で男が警戒中の警察官を銃撃し、1人が死亡、2人がけがをし、ことし8月にはパリ近郊で兵士の列に男が車で突っ込み兵士6人がけがをするなど、テロと見られる事件が相次いでいます。

フランスでは2015年のパリでのテロを受け、現在も非常事態宣言が出されたままの状態。

AFPのまとめによると、2015年以降に同国内でイスラム過激派によって殺害された人の数は計239人に上っている。

マルセイユの電車内でまたもテロ。大人2人が突然刺されて、刺した人はナイフを持った両手を掲げ笑いながらアッラーなんとかと叫んでいたそう…電車の中じゃ逃げられない。来月ニースに行く予定があったんだけどもマルセイユじゃ近すぎる…フランス怖いなぁ…

フランスマルセイユでテロ。 フランスの非常事態宣言が常態化してるこの現状。終わりが見えないな。

カナダでは警官刺し通行人4人はねるテロ行為

カナダ西部アルバータ州エドモントンで9月30日夜、男が警官1人を車ではねた後にナイフで刺した。

その後、トラックで暴走し、計5人がケガをした。地元当局はテロ事件として捜査している。

・事件の経緯は、現地メディアによりますと

1 2