1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

静かにセンスを醸す。気になる『文房具』たち ❺選

シンプルだけど存在感があってデスクが締まります。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうです。

更新日: 2017年10月02日

103 お気に入り 44196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jetwskyさん

■『MUCU』■

◎Metallic Ball Pen◎

MUCU(ムク)は日本語の「無垢」が由来で、「汚れのない・交じりものがない・余計な要素が加わっていない」など、素材そのままの状態を表しています。

直径8ミリの円柱棒から一本一本削り出しで制作されたハンドメイドのボールペン
ずっしりとした重みと質感が高級感を引き立てているボールペンです
磨き以外の表面処理はあえて施されていません。

経年変化も素材そのものの魅力と考え、あえて磨き以外の表面処理はしておりませんので、使う方と過ごす時間の中で変化し、唯一のものとして成長していくボールペンです。

◎Envelope Emboss◎

表面的な見た目からはなれ、素材に注目し、素材を第一に考えたデザインが特徴です。

スタッフにより手作業で仕上げ工程を行っているMUCUの製品は、長く大切に使っていただけるよう、ひとつひとつに作り手の思いが込められています。

古紙を原料とし、表面に細かなエンボス加工を施した 精密機器や家電など保護、緩衝材として使用される梱包材「エンボス紙」を使用したA6サイズ対応の封筒です。 MUCUスタッフによるハンドスタンプを施した帯も、 ちょっとしたこだわりです。

■『TOOLS to LIVEBY』■

今では文創ブームの中心的存在のTOOLS TO LIVEBY。グラフィックデザイナーのカレンさんが文具好きが高じて文房具店を始めたのは2012年の事。開店当初は日本製の文房具がほとんどでしたが、少しずつオリジナルアイテムが増え、今では台湾のお土産として大人気。国内外からのお客さんでいつも賑わっている、今注目のショップです。

スマートなデザインが魅力で、これらのクリップを使用すると、(挟んだ部分の)紙がかくれないので会議の資料などにもストレスなくお使いいただけます。

■『神戸派計画』■

「ぬらぬら書く」をコンセプトに、万年筆の筆記特性をひたすら追求した、オリジナルペーパーによる紙文具。

にじみ・かすれのない明瞭な文字の輪郭と、ぬらぬらとした万年筆の心地よいタッチ。

■『LUIBAN』■

1 2