1. まとめトップ

野村氏「CS逃した巨人は戦力あるのに」一方DeNAはラミレス監督1年継続

10月1日、巨人が阪神に敗れ、DeNAが広島に勝利し、DeNAのCS進出が決定した。各球団の年俸総額順位、個人順位をまとめました。また、ラミレス監督去就話に決着。

更新日: 2017年10月02日

0 お気に入り 1875 view
お気に入り追加

CSを逃がしBクラス入りになった巨人に対する「ぼやき」

5月下旬から球団史上最悪の13連敗を喫しGM交代、コーチの配置転換を図ったが、3位には届かなかった。

野村氏は「(やる気が)顔に出てこないでしょ、みんな。なんか眠っているような…。燃えるような顔してやっている奴が誰もいない。

中心なき組織は機能しない。野手では阿部が中心になって引っ張っていかないといけない」と阿部慎之助内野手(38)に奮起を促していた。

巨人の年俸総額はソフトバンクに次いで2位

広島は優勝したにも関わらず2.0億円減少。6億円プレイヤーの黒田選手の引退の影響ですね、、、

上の表をみると、2017年はソフトバンクが年棒総額55億円で12球団中1位です。2016年との比較では約2億円増で、2位ジャイアンツ(約47億円)を8億円引き離して独走です。余談ですが、WBCで大活躍したソフトバンク千賀滉大投手の年棒6,500万円って、なんてお買い得な…。

個人総合では

1メヒア 西武    50,000万円
1金子 千尋オリックス 50,000万円
1サファテソフトバンク 50,000万円
4中村 剛也西武  41,000万円
5バンデンハークソフトバンク40,000万円
5松坂 大輔ソフトバンク40,000万円
5和田 毅ソフトバンク40,000万円
5攝津 正ソフトバンク40,000万円
5デスパイネソフトバンク40,000万円
5松田 宣浩ソフトバンク40,000万円
5鳥谷 敬阪神 40,000万円

12中島 宏之オリックス35,000万円
12坂本 勇人巨人 35,000万円
12メッセンジャー阪神 35,000万円
12五十嵐 亮太ソフトバンク35,000万円
12内川 聖一ソフトバンク  35,000万円
12山田 哲人ヤクルト  35,000万円
18バレンティンヤクルト33,000万円
19山口 鉄也巨人  32,000万円

一方、CS決めた横浜にはラミレス監督去就、次は原との噂が出ていた

ラミレス監督は、采配面では文句なしでも『どうしてもインパクトに欠ける』というのが親会社の結論。

「ここ2年、在野で活動している原辰徳・前巨人監督です。まだ正式な交渉には至っていないようですが、すでに関係者を通じて下交渉は始まっており、原氏サイドの反応はまずまずのようです」

そんな噂はどこへやら、1年契約延長へ

DeNAがクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた1日の広島戦後、南場智子オーナーが横浜スタジアムを訪れ、今季で2年契約の2年目を終えるアレックス・ラミレス監督の1年契約での続投を明言した。

「来年もお願いする旨をお伝えしました。2年連続でCSを決めましたし、来年もこの体制で、さらに強いチームを作るべく頑張っていきます」

すでに8月には続投の方針を固めており、9月には高田GMと三原球団代表との間で、結果にかかわらず続投を依頼することを決めていたという。

【2017/10/1 ハマスタ】 祝!CS出場! ┏○┓ ┃横┃ ┃浜┃ハ,,ハ ┃優┃^∀^ ) ┃勝┃ // ┗○┛ (⌒)   し⌒" \横浜優勝/ pic.twitter.com/KOR16EkftU

\横浜優勝/ \13-7/ \両軍合わせて27安打の乱打戦/ \ロペス30号、筒香27&28号/ \ウィーランド3号、梶谷21号/ \ウィー球団外国人初の2桁勝利/ \広島にセ界で唯一勝ち越し/ \横浜DeNA2年連続Aクラス/… twitter.com/i/web/status/9…

ベイスターズのCS進出決定を祝して関内駅、横浜駅西口にて号外を配布中です。ファンの皆様、記念にぜひ! pic.twitter.com/WRQEWZ2icg

1





776house-dreamsさん