1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日本人にとっても衝撃的なニュース。ネバダ州ラスベガスで銃乱射事件が発生しました。米国史上最悪の死者数との報道もある今回の事件...。いったい、どんな事件だったんでしょうか?

Kwhale9917さん

▼事件の概要

米ネバダ州ラスベガスの中心街で1日午後10時すぎ、野外コンサートの観客を狙った銃乱射事件があり、少なくとも59人が死亡、527人が負傷した。

BBCニュースによると、銃撃は現地で開催されていたカントリーミュージックのフェスティバル『ルート91 ハーベスト』でのパフォーマンス中に発生した。

ラスベガス市警のジョー・ロンバルド保安官によると、容疑者はカジノホテル「マンダレイ・ベイ」の32階から、イベント会場に向けて自動小銃を無差別に乱射した。

ラスベガスの街並み。
左下の建物が、容疑者が銃を乱射したカジノホテル「マンダレイ・ベイ」。

昨年フロリダ州で起きた事件の死者49人を上回り、「米史上最悪の銃乱射事件」(米CNN)となった。

▼今のところ、日本人の被害情報は無し

日本の外務省によりますと、日本時間の2日午後8時半の時点で死傷者のなかに日本人がいるという情報はないということで、引き続き情報収集にあたるとともに、現地にいる日本人に対して現場に近づかないよう呼びかけています。

▼トランプ大統領はTwitterで

アメリカのトランプ大統領はラスベガスの銃撃事件を受けて自身のツイッターに「ラスベガスのひどい銃撃事件の犠牲者とその家族に哀悼の意をささげる」と投稿し、犠牲者をしのびました。

▼実行犯は元会計士の男

警察によると、実行犯とされる元会計士のスティーブン・クレイグ・パドック(Stephen Craig Paddock)容疑者(64)はカジノホテル「マンダレイ・ベイ(Mandalay Bay)」内の音楽祭会場が一望できる部屋に入っていた。

特別機動隊(SWAT)が室内に突入した際には、容疑者は既に自殺していたという。

スティーブン・パドック容疑者(64)が宿泊した部屋から銃16丁と銃弾、自宅から少なくとも18丁の銃と大量の銃弾、爆発物が見つかった。

また同容疑者の車からは爆発物の原料となる硝酸アンモニウムも見つかった。160人以上が死亡した1995年の米オクラホマシティー連邦ビル爆破事件の爆弾製造でも使われたことで知られる。

▼いったい、どんな銃を使ったのか?

多数の死傷者が出た今回の事件には、「トリガー・クランク」と呼ばれる装置が使われていた可能性があることが2日、分かった。

銃器店主の証言によると、パドック容疑者は、引き金を引くたびに撃つ半自動の銃を購入したが、引き金を引き続ければ途切れずに撃てる完全自動の銃は購入していなかったという。

乱射の様子を写した映像では、一定の短い間隔で途切れることなく銃声が響きわたっており、専門家は半自動の銃に何らかの改造などを施した可能性があると指摘。半自動の銃に「トリガー・クランク」を取り付けると安定的に銃を撃つことができるといい、インターネット上で40~50ドルで購入できるという。

▼シカゴとボストンも狙ってた?

米ネバダ州ラスベガスの野外コンサート会場を狙った銃乱射事件で、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)が事件の約2カ月前に、シカゴで開かれた野外音楽祭の会場を見渡せるホテルを予約していた可能性があることが5日分かった。

シカゴでは、8月3~6日に大規模な野外音楽祭が開かれていた。米メディアによると、この期間に会場近くの高級ホテルの2室に容疑者と同名の予約が入っていた。しかし、予約の日になっても宿泊客は姿を現さなかったという。

また、時期は不明だが、同容疑者がボストン地域でコンサート会場として使用される野球場などの周辺ホテルをインターネットで検索していたとの報道もある。

ただ、捜査当局者は米NBCテレビに対し「容疑者がシカゴやボストンを訪れていたことを示すものは何もない」と語った。

▼大量殺害に異様な執念...

スティーブン・パドック(Stephen Paddock)容疑者が犯行当時にいたホテルの部屋で見つかったメモには、銃撃の精度を上げて死者を最大限に増やすにはどこを狙うべきかを示す手書きの計算が書かれていたことが分かった。米CBSテレビが7日、明らかにした。

1 2 3