1. まとめトップ

売れれば正義!?アイコスのパクリiBuddyが「健康になる」と薬機法違反をして販売!

VAPE STUDIOが取り扱うアイコス互換バッテリーのiBuddy(アイバディー)が「喫煙で健康になる」と言っています。薬機法違反の疑いがある中、ビックカメラが販売

更新日: 2017年11月14日

saltydogxxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 114981 view
お気に入り追加

薬機法とは?

医薬品や医薬部外品、医療機器の有効性や安全性を確保するための法律です。

医薬品や医薬部外品の認可をなしに効能を謳って商品を宣伝・販売する事はできません。

今話題のiBuddyとは?

アイコスのヒートスティックが使えるアイコス互換デバイス。
アイコスのヒートスティックしか使えないため、「アイコスのパクリ」とも地楡されてる。

VAPE STUDIOが正規代理店として販売しているアイコス互換の電子タバコ。
VAPE STUDIOはトランザクションの子会社、株式会社トレードワークスが運営している。

何が問題?

出典imgur.com

喫煙することが健康になるというのは意味がわかりません・・・

「健康になる」と言い切ってます。
身体に及ぼす影響・効能を医薬品・医薬部外品でもないのに商品に表記し販売している事は、
薬機法疑いの可能性があります。

「喫煙することが健康になる」はヤバイな
上場企業がこんな適当に物売ってるのか

iBuddyってなんだよ
アイコスパクるだけでは飽き足らず名前もパクるとはさすが中華企業

そんな中この問題商品をビックカメラが販売開始したと発表!

当社の連結子会社である株式会社トレードワークスは、VAPE(電子タバコ)のセレクトシ
ョップ「vape studio(ベイプスタジオ)」およびECサイトで加熱式タバコ(タバコスティック
用)の互換デバイスをテスト販売しておりましたが、このたび、本格的に卸売販売の展開も開始
し、ビックカメラ各店舗での販売を開始いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。

ビックカメラ各店舗で販売開始した

\話題の新商品/ 『アイバディー(iBuddy)』は話題の #アイコス のタバコスティックが吸える互換機です さらに手のひらサイズで連続喫煙も可能と超便利️ 続々とご注文頂いております 詳しくはコチラ⬇️… twitter.com/i/web/status/9…

ビックカメラの公式Twitterアカウントでも発表しています。
魚拓→ http://archive.is/WX5wM

ちなみに「アイコス」はフィリップ モリス プロダクツ エス アーの登録商標で「電子たばこ用バッテリー」に登録されているので、他社が「アイコス」と言って商品を販売する事はできません。
ビックカメラは平気で商標侵害をしている事になります。

[商願2014-68955] 商標:IQOS / 出願人:フィリップ モリス プロダクツ エス アー / 出願日:2014年8月15日 / 区分:16(紙袋ほか),18(かばん類ほか),21(コーヒーカップほか),25(プリントティーシャツほか),35(広告業ほか),37(たば…

カタカナとアルファベット両方登録されてます。

iBuddyが該当しているであろう区分「電子たばこ用バッテリー」に登録されてます。

同等の内容で「IQOS」も商標登録されています。

「IQOS」って思いっきり書いてます

「アイコス」は電子タバコのバッテリーの区分で登録しているのでiBuddyが「アイコス」「IQOS」を謳って販売するのは商標侵害になります。

「IQOS」はフィリップモリス社の登録商標です(大事な事なので2回言いました

ビックカメラ楽天市場店でも「IQOS」と言って販売しています。

iBuddyのオフィシャルサイトも「IQOS」を謳って販売していますが、Whois情報を参照したところ、登録者は株式会社トランザクションとなってました。

ネット上の声

まあswitchを店員が抜いてる会社なので / “薬機法違反の疑いのあるiBuddyがビックカメラでも販売開始 | スラド Submission” htn.to/7hNk7U

ビックカメラは電子タバコを喫煙補助具として売ってるから元々薬事法とか気にしてないんだろ

中国の怪しい会社がアイコスのパクリを作る←わかる
アイコスのパクリを日本の上場企業が内容精査することなく販売する←AUTO

各種連絡先リンク

1





saltydogxxさん