1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台湾歴代1位の青春映画をリメイク!山田裕貴&齋藤飛鳥『あの頃、君を追いかけた』

台湾歴代1位の青春映画を、2000年代の日本に舞台を置き換えリメイクする「あの頃、君を追いかけた」。主演は今年だけで出演映画13本の超売れっ子・山田裕貴で、ヒロインには「乃木坂46」の齋藤飛鳥。共演には朝ドラ「ひよっこ」の松本穂香ら。日本版アレンジで飛鳥のキスシーンや311が描かれるのか注目。

更新日: 2017年10月10日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 25004 view
お気に入り追加

◆今年だけで映画13本出演の超売れっ子・山田裕貴

“戦隊ヒーロー”としてデビューし、『ストロボ・エッジ』などで注目を集めた。「カメレオン俳優を目指している」というだけに、ヤクザやチャラ男から、狂気の男、野球部の先輩など、演じてきた役は実にさまざま。

『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011)

2017年は『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』、『二度めの夏、二度と会えない君』、『闇金ドッグス6&7』、『トモダチゲーム劇場版FINAL』、『亜人』(9月30日公開)、『あゝ、荒野』(前篇:10月7日公開 後篇:10月21日公開)など映画だけでも実に12作公開というまさに“出づっぱり”状態。

現時点では13本

◆そんな山田が台湾映画のリメイク作品に主演する

[映画ニュース] 山田裕貴×齋藤飛鳥「あの頃、君を追いかけた」リメイク版で初共演! eiga.com/l/kA4mB pic.twitter.com/zDSjdV9Q0d

本作は、台湾の青春映画「あの頃、君を追いかけた」を日本版にアレンジしたラブストーリー。

主演には山田裕貴、ヒロインには「乃木坂46」齋藤飛鳥を迎え、2018年の公開を目指す。

◆オリジナルは台湾歴代1位の青春映画

「あの頃、君を追いかけた」は台湾の人気作家であるギデンズ・コーが自伝的小説を自ら映画化したヒット作品。

オリジナルは人口約2000万人の台湾で観客動員200万人を記録。10人に1人が見たことになり、台湾で歴代1位の青春映画として今も語り継がれている。

2000年代の日本に舞台が置き換えられ、気楽な高校生活を過ごす主人公・水島浩介と、優等生のクラスメイト・早瀬真愛の関係を軸に物語が展開していく。

監督は、脚本家として『ホワイトアウト』(2000年)、『亡国のイージス』(05年)、『聯合艦隊司令長官山本五十六』(11年)を手がけてきた長谷川康夫氏。

◆共演には『ひよっこ』の松本穂香らフレッシュなメンバー

『ひよっこ』(2017)

青天目澄子 役:松本穂香

主演を務めるのは、『闇金ドッグス』や『HiGH&LOW』シリーズなど、数多くの映画やドラマに引っ張りだこの山田裕貴。お調子者で人気者、幼稚でいて男らしさを併せ持つ主人公・水島浩介役を演じる。

ヒロインには、「乃木坂46」ではセンターも務め、舞台「あさひなぐ」で主演を務めた齋藤飛鳥。皆が憧れるがちょいとお堅い“昭和な女”なヒロインを演じる。

そのほか、NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の青天目澄子役で注目された松本穂香、映画『怒り』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した佐久本宝。

『第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞した國島直希、『MEN'S NON-NO』専属モデルを務め、俳優としても活動する中田圭祐、若手芸人の遊佐亮介と、フレッシュなキャストが集結した。

◆気になるストーリーは?

地方都市に住む水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、お気楽な高校生活を過ごしていた。ある日、浩介の度が過ぎた悪ふざけがもとで授業が中断。激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命する。

真面目で堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がざわつき始める浩介。彼と4人の仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく…。

1 2