1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あの話題作がもう登場!11月発売の日本映画DVD・ブルーレイ5選

今春公開の話題作がDVD・ブルーレイとなって11月にさっそく発売。中国で16,637スクリーンの大規模公開中の「銀魂」、人気若手俳優の演技合戦「帝一の國」、主演・岡田准一×監督・降旗康男×撮影・木村大作「追憶」、出家した清水富美加主演「笑う招き猫」、吉祥寺が舞台の青春音楽劇「PARKS」の5作品。

更新日: 2017年10月09日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 24775 view
お気に入り追加

◆『追憶』(11月3日発売)

監督:降旗康男
脚本:青島武、瀧本智行
原案:青島武、瀧本智行
出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ

幼少期をともに過ごした少年3人が、ある殺人事件を捜査する刑事、容疑者、被害者という形で再会、事件の真相、心の奥底に封印してきた忌まわしい過去と対峙していく姿を描くヒューマンドラマ。

高倉健の遺作となった『あなたへ』の脚本家・青島武と映画監督でもある瀧本智行による完全オリジナルストーリー。

『駅 STATION』(1981) 『夜叉』(1985) 『あ・うん』(1989) 『鉄道員』(1999) 『ホタル』(2001)と名作を世に送り出してきた、監督・降旗康男×撮影・木村大作の黄金コンビが「追憶」を制作。

全世代から幅広い人気を誇る岡田を主演に迎えるだけでなく、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆という豪華な面々を共演に据え、日本映画界を新たなステージへと導く。

ラストレシピの公開日に 追憶のDVD&Blu-ray発売だよ〜 地元で撮影された映画......☺️ #追憶 #岡田准一 pic.twitter.com/mdY1zhltLp

散り椿公開まで長いけど、その間に追憶、関ヶ原、2017ライヴDVDって3本発売になれば1年をつなげられますね

◆『笑う招き猫』(11月8日発売)

監督:飯塚健
脚本:飯塚健
原作:山本幸久
出演:清水富美加、松井玲奈、浜野謙太、岩松了

第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を原作とした同映画。

若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」がお笑いの世界で奮闘する様を描いた青春物語。アカコとヒトミの高城ヒトミ役を清水富美加、本田アカコ役を松井玲奈が演じる。

本作は、清水の引退騒動を受けて映画の公開が心配されていたが、2月28日に公式サイトが当初の予定通り4月29日より全国公開することを発表。

あああDVD出る!!!嬉しい!!!よかった!!!笑う招き猫すごくよい映画だった………また見れるのありがたい………

笑う招き猫、DVD発売嬉しいふみかすが出てる作品たくさん好きだけどその中でも1番ってくらい好き! 人生ってなんだろとか毎日頑張ろって考えさせられるようなそんな作品。この映画観て強く生きようって思った twitter.com/waramane/statu…

◆『PARKS パークス』(11月15日発売)

監督:瀬田なつき
脚本:瀬田なつき
出演:橋本愛、永野芽郁、染谷将太

50年前に作られた曲に込められた恋人たちの記憶が、現代に生きる3人の若者たちの夢につながっていく様子を描く。

本作は、吉祥寺に住む大学生・純(橋本愛)のところに、亡くなった父の昔の恋人・佐知子(石橋静河)を探す高校生のハル(永野芽郁)がやってくるところからスタート。

2人は佐知子の孫トキオと出会い、すでに故人となっていた佐知子の遺品からオープンリールテープを発見。テープには、ハルの父と佐知子の歌声が吹き込まれていた。

佐知子たちの生きた1960年代と、純たちが生きる2017年の吉祥寺。公園、街を通して2つの時代の音や物語が重なり合い、新しい歌が生まれる。

1 2





記憶の中で生きてゆける