1. まとめトップ
  2. 雑学

シズル感がすごい…みんなが料理の写真を撮る時に使ってる裏ワザ

この裏ワザを使えば、もっと美味しそうに見えるかも!

更新日: 2017年10月13日

94 お気に入り 183254 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼料理の写真を撮る機会がものすごく増えている。

友人や知り合い、または自分もそれに当たるという方は多いのではないでしょうか。最近では、公共のスペースで料理の写真を撮るという行為は一般的な習慣になりつつあるようです。

▼ちなみに…料理の写真を撮る時に大切なのはシズル感なんだって!

まず料理写真では多くの場合「おいしそうに見える」ことが求められ、「シズル感」という言葉がよく使われます

□シズル感を出して、上手に美味しそうに撮る秘訣はコレ!!!

・出来るだけ料理に寄って撮ること。

料理の質感を表現するには、素材に寄って撮ることがポイント。

『一番美味しそうな部分』だけを撮るつもりで、思い切って寄って撮ってみましょう。皿や料理全体を写す必要はありません。

料理にもよるけど料理を撮るときはなるべくカメラを近づけて撮ると画面いっぱいに料理が広がっておいしそうに撮れるからやって見てね!

パスタ炒めたから食う前に写真撮ろうとしたら、「料理は斜めから近づけて撮るといいッスよ」ってスマホに言われた。何故わかる…

今日の写真はうまく撮れた(※撮影しただけで食べてはいない)料理名聞いたけどフランス語聞き取れず文字にすることあたわず無念 魚のフィレを包んだところまでは日本語で聞こえたけど後は何言ってるか分かんなかったし3回聞き返すと怒られる pic.twitter.com/20okpO8nCU

高校時代の友達が北海道に引っ越す前にって、ご飯行ってきた! サングリアがフルーツいっぱいで美味しくて、さらにすごくキレイに写真が撮れたw pic.twitter.com/GgWOIDc49L

・揚げたて感、湯気、ふわふわ感を出すことが大事!

私今から自分で作っちゃったこの大量の唐揚げと共に白米食すから . pic.twitter.com/80cuUFDGGo

1 2