1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter発。第三者も動揺する『特異な思い出エピソード』

今も脳裏に深く刻まれ、忘れることができない"思い出"は誰にでもあると思われますが、当事者じゃなくても動揺してしまうエピソードを紹介します。

更新日: 2017年10月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 129891 view
お気に入り追加

◆『衣替え』になると思い出す…

衣替えになると思い出すのだが、学生だったとき玄関を出たら向かいの家の同級生女子が冬服で出てきた。夏服だったぼくは「やべえ、今日衣替えだった」と慌てて戻って、冬服に着替えてから玄関を再び出ると、今度は彼女が夏服を着て出てきた。

この話を妻にすると「いつまで憶えてるのよ」といつまでも怒られる。

◆カオス度が高すぎる『幼き頃の思い出』

幼き頃のぼく「水筒にコーラいれよ!」 水筒「は?」 ぼく「大丈夫やん」 水筒「は?」 ぼく「遅刻しそう、走ろ」 水筒「Fire」 ランドセル「ボォン!!!wwwm」

入れ墨と聞くと、5歳くらいの私が、父親に連れられて入った温泉宿の男湯で、若い衆で周りを固めて髪を洗ってた明らかにヤの業の方の背中一面の観音様を指でなぞりながら「おじちゃんこんなとこにお絵描きしたらお母さんに怒られるよ?」と言い放ち、父親は己の死を予感した、という話を思い出す。

小さい頃近所で子供の誘拐未遂事件があってお母さんが冗談でわたしに「もしつかまりそうになったら『私は貧乏です』って言いなさい」と吹き込んだところわたしはベランダへ駆け出し「うちは貧乏だーーーッ!!!」と大声で叫び後日親が近所の人たちに笑い者にされたという伝説

小さな頃、ワタシはナゼか自分のことをインド人と思っていた。 これはワタシにとって人生最大のミステリーでもあったのだが、最近ママが2歳になる姪っ子に、 「インド人もビックリ〜!」 「インド人はウソつかない〜!」 という不思議なあやし方をしているのを見たとき、全ての謎が解けた。

◆忘れることができない『小学校時の先生』との思い出

家庭科の先生「肉じゃがは何料理?」 小学生ぼく「肉料理!」 先生「肉じゃがは芋料理でした~」 小学生ぼく「納得がいかない」 先生「だって肉より芋の方が目立つでしょ!」 小学生ぼく「それは先生の家庭が貧しいからじゃないですか」 僕の家庭科の成績は1だった。

@The_Shirihiri 失言が如何に恐ろしい事態を招くかを小学生の時に知る事が出来た、と捉えれば良い経験、でしょうね。

小学校5年の頃の折り合いが悪かった担任のことを恨んでいないのは、修学旅行先の旅館で就寝時間を過ぎて廊下に出たら泥酔した担任が座り込んでいたから、ここぞとばかりにスリッパで頭を何回か引っぱたいてスッキリした後、学年主任の部屋に行って「○○先生が大変なんです」と告げ口をしたからです。

小学校の卒業式の歌の練習の時に先生が「皆さんボーカロイドは知ってますか?アレは機械なので心がありません。だから人を感動させる事は出来ません。でも皆さんは人だから気持ちをこめる事ができて〜」とか言い始めて言い返したかったけど何て言えばいいか分からくて悔しかった小6の思い出。

◆『高校時代』の"嫌"な思い出

高校のときクラスで全員皆勤を目指すと担任が宣言して、乗り気の生徒は全然いなかったけどいざ数週間全員皆勤記録が続くと休み辛い空気になって、体調悪くても無理し始めて、インフルエンザの生徒も黙って通学して、結果、一年間の全員皆勤を達成して地方紙に良い感じに紹介されたの今でも嫌な思い出

@mori_MORIKO_ @nazonochappy 触発されて思い出しました。 小学校の時、根性が売りの担任が、真っ赤な顔でご出勤。高熱を押して来たとご自慢された。激しく咳を飛ばしながら、しっかり授業。数日後、最前列は全滅で学… twitter.com/i/web/status/9…

全滅で学級閉鎖になりました今だったら、教育委員会、腰折り90度で謝罪ものでしょうにネェ、当時は…

高校に入学したらクラス担任が全員皆勤をクラス目標にすると宣言しやがったので翌日欠席したのは私です。 (・ω・) https://t.co/0X46RoLOWe

◆『変態扱い』された思い出

高校の時、クラスのヤンチャな奴らが焦った表情で走り寄ってきて「頼む!ちょっとこれ着ててくれ!」と緑色のコートを渡してきた。訳も分からず呆然としてたら、教室に戻った女子たちがザワつきだして、最終的に女子更衣室の覗き犯にさせられた。アイツらバレることを想定してコート着て覗いてたんか…

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。