1. まとめトップ

沈黙して話せない・・・特定の状況になると会話できない場面緘黙症

沈黙して話せない理由とは一体・・・特定の状況になると会話できない場面緘黙症をまとめます。

更新日: 2019年04月18日

0 お気に入り 637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

torinaviさん

場面緘黙症って何?

場面緘黙症とは、本人に話す能力があるのに、ある特定の場面になると会話ができなくなってしまう状態。
「不安障害」に分類される疾患と言われ、慣れないことに不安を感じ回避してしまう先天的な性質(行動抑制的気質)に起因するという。

場面緘黙症の症状

場面緘黙症のある子どもの多くは、家族に対してや、家庭では活発に話しますが、学校やそのほかの社交場では話すことができません。
また、家庭の中や家族などの親しい人とも、あまり話すことができない場合があります。話さない代わりに、擬声音を出したり、指をさしたり、筆談したりすることもあります。

場面緘黙症を改善する方法

青年・成人の方で場面緘黙症のある方にとっては、電話や対面での相談はなかなかハードルが高いと思います。webで予約できる相談機関、病院や、メールで相談に乗ってくれるところを探すことをおすすめします。

会話にまつわる名言

沈黙は言葉よりも誤解が深い。

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。
対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。
ピーター・ドラッカー

場面緘黙症の治し方

場面緘黙症は情緒障害の一つとして、公的な支援が受けられます。
情緒障害児短期治療施設では、情緒障害を持つ児童に対して医学的な観点から、心理治療を中心に生活、教育支援を行う場所です。

場面緘黙症がわかる動画

場面緘黙症リンク

1