1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

-AvA-さん

米Microsoftは9月25日(現地時間)、企業向けイベント「Ignite」で、OEMパートナーのHP、Lenovo、Acer、富士通から「Windows 10 S」端末が発売されると発表した。

同日発表した「Microsoft 365」の新プラン「Microsoft 365 F1」向けとしている。

まずHPが10月に14インチの「Stream 14 Pro」を発売する。価格は275ドル(約3万円)から。

Windows 10 S

セキュリティとパフォーマンスを追求した Windows 10 S では、Windows ストアから手に入れたアプリのみを使用できます。

Windows 10 Sは、軽量版「Windows 10」という位置づけ。特徴の1つはログインから起動までが速いことで、安全性を重視するため「Windows Store」の「UWP(Universal Windows Platform)」しかインストールできない。

このOSは「壁で囲まれた庭(ウォールドガーデン)」版のWindowsだ。つまり、公式の「Windows Store」にある承認済みアプリしかインストールできないようにすることで、より安全な環境を約束している。Googleの「Chrome」ブラウザやAdobe Systemsの「Photoshop」のような公式ストア外のアプリをダウンロードしてインストールしようとすると、Windows 10 Sはその行為は許可されないと通知する。

Windows 10 Sの特徴の1つはログインしてから起動するまでが速いこと。

なお、「Windows 10 Cloud」という名前になるといううわさもあったが、Windows 10 Sの「S」はStreamlined、Secure、Superior performance、そしてSoulのSとのこと。

Microsoft 365 F1

「F1」は、カスタマーサービスやサポート担当など、企業と顧客の接点となる「firstline」(最前線)で働く顧客が対象。旧「Enterprise K1」プランだ。「StaffHub」を含む「Office 365 F1」、「Windows 10」、「Enterprise Mobility + Security」で構成される。

UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)

UWPアプリのインストールはAPPXパッケージで行うが、その配布はマイクロソフトのWindowsストアか、あるいはデジタル署名を管理している組織では「サイドローディング」という手段を利用する。配布経路の途中で改ざんされないようにするためである。そのために、従来のデスクトップアプリのように、インストールパッケージを自由に配布して導入するというわけにはいかない。

1